大野雄二、“音”に託したジャズへの思いーー『LET’S FALL IN JAZZ』公演レポート

写真拡大

 ステージには左からアコースティックピアノ、コントラバス(ウッドベース)、ドラムスが順に並ぶ。すべて生楽器による、シンプルかつ奥深いサウンドが満員のジャズクラブに響き渡る。

参考:大野雄二が明かす、Yuji Ohno & Lupintic Sixの充実とこれから「気分が違えば、音も変わる」

 大野雄二トリオが11月13日、ニューアルバム『LET’S FALL IN JAZZ』の発売記念ライブをMotion Blue YOKOHAMAで開催した。“ルパン・ミュージックの生みの親”としてジャンルや世代を超えたファン層を持つ大野雄二だが、この日はジャズピアニストとしての魅力に的を絞ったステージ。歌うようにテーマメロディを奏で、存分にアドリブを繰り広げ、最後の最後まで観客をジャズの楽しさに引き込みながら全16曲を届けた。シングルトーン(単音)とコード(和音)の絶妙なバランス、豪快なグリッサンド(滑るように音高を上げ下げするテクニック)や鍵盤の乱れ打ちを交えながらのプレイに、筆者は改めてピアノ弾き・大野雄二の凄味を感じた。

 オープニングナンバーは、映画『エデンの東』などの音楽で知られる作曲家ヴィクター・ヤングが1928年に書いた「SWEET SUE, JUST YOU」。いまから90年も前に生まれたアメリカンソングが2017年の横浜で、しかも目の前で仕立て直されてゆく。アイコンタクトを交わしながら行なわれる3人の“音の会話”は弾みに弾む。

 大野のオリジナル曲「MISTY TWILIGHT」、フランク・シナトラ他の名演で知られる「MY ONE AND ONLY LOVE」の後、メンバーが紹介された。「最高のベーシスト、上村信!」、「最高のドラマー、市原康!」……簡潔だが、これ以上に雄弁なフレーズがあるとは思えない。市原(Dr)は初代You & Explosion Bandに在籍経験があり、現在は大野雄二トリオのほかにYuji Ohno & Lupintic Sixでも活躍するオールラウンドな名手。このトリオではスティックよりもワイヤーブラシ(より繊細な音を出すために使われる)を多用し、陰影に富んだプレイでメロディラインを大いに引き立てた。上村(Ba)は、このトリオに加入して3年目を迎えた。「本当に縁の下の力持ちという感じ。すごく良心的なベースを弾く」と、大野も賞賛を惜しまない。厚みのある音色、指弾きと弓弾きの双方を用いてのアプローチは、ウッドベースならではの快感に満ちている。

 ファーストセットの後半は「シークレット・デザイアー」「LOVE SQUALL」「犬神家の一族〜愛のバラード」と、大野雄二の自作が続いた。数々の歌手や楽器奏者が表現してきたメロディを、作曲者本人のピアノ演奏で味わうのは贅沢の一言に尽きる。

 休憩をはさんだセカンドセットでも、3人は白熱していた。「LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE」、「A FOGGY DAY」など『LET’S FALL IN JAZZ』収録ナンバーに加え、デューク・エリントン作「C Jam Blues」、ジュリー・ロンドンの歌唱でミリオンセラーを記録した「Cry Me A River」といった楽曲も披露。本編ラストでは「愛のテーマ」と「ルパン三世のテーマ」のメドレーで会場を沸かせた。当然ながら拍手や声援が止むことはなく、アンコールの「Memory Of Smile」へ。“(ルパンの声優であった)山田康雄さんが歌った曲です”という紹介の後、ソロピアノでしっとりとメロディが綴られた。

 スーツとネクタイに身を包んだ腕利きたちによる、極上の2時間半。「ジャズはかっこよくて、楽しくて、好きにならずにはいられないもの」という大野雄二の思いそのものの音が溢れていた。この日、ここに集まった誰もが、いっそうジャズという音楽に惚れ込んでしまったのではないか。筆者はそう確信している。(原田和典)