鈴木咲がDVD「SAKI」発売イベントに登壇した

写真拡大

バラエティー番組や舞台で活躍中のグラビアタレント・鈴木咲が、10月25日にDVD「SAKI」(エアーコントロール)を発売。東京・秋葉原で行われたファンイベントに出席し、作品の見どころの他、グラビアDVD卒業の真相を告白した。

【写真を見る】“ソフマップカラー”というビキニでラストDVDをアピール

6月にバリで撮影されたという本作。鈴木は「私は13年グラビアやっているんですけど、DVDとか写真集の撮影で海外行かせてもらったのが初めてで、ラストでやっと行かせてもらいました!」と喜びを爆発させてあいさつした。

「普段の私を全面的に出した作品になっていて、衣装も自分で用意したものが多く、水着も一部を除いて自分で用意したりとか。結構自分で頑張った作品になっています」と作品に懸けた思いを明かした。

先日、11月3日に30歳を迎えた鈴木。「(今作は)29歳の最後の撮影だったのでちょっと大人っぽく、最後の方にはベッドシーンが入っているんですが、きれいな感じに…色っぽい感じに撮ってもらったのでそこはオススメじゃないかなと思います」とアピールした。

今回が“ラストDVD”ということについて鈴木は「先日30歳を迎えることができまして、節目かなというのと、DVDの撮影ってめちゃくちゃ体力使うのご存じですかね。すごい大変なんですよ! めちゃめちゃ体力を使うので、1回ちょっとお休みというか引退しようかな、DVDは…という気持ちで。体力の限界を迎えました(笑)」と胸の内を告白。ただ写真集や雑誌のグラビアは今後も継続していくという。

「結婚ですか?」との記者からの質問には「じゃないです(笑)。したいです、逆に」と全否定した。

また、この日着用していた水着について「ラストソフマップで、ソフマップさんには長いことお世話になったので、色をそろえて来ました。ちょっと似てません? 柄が? ソフマップカラーを意識して来ました」と最後に飛び切りの笑顔を披露した。(ザテレビジョン)