富山FW萱沼優聖が契約満了で退団「富山での経験をサッカー人生にいかしたい」

写真拡大

 カターレ富山は24日、FW萱沼優聖と来季の契約を更新しないことを発表した。

 現在24歳の同選手は山梨学院大学付属高校を卒業後、関東学院大学への進学を経て、2016年からカターレ富山でプレー。今季ここまでの明治安田生命J3リーグでは11試合に出場していた。

 契約満了に伴い、富山の公式HPで萱沼は以下の通りコメントを発表している。

「カターレ富山に加入して2年間、J2昇格という目標に向かって全力でプレーしてきましたが、その目標を達成することができず、応援してくれたファンやサポーターの皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「この2年間、たくさんの応援やサポートをしていただきありがとうございました。カターレ富山という素晴らしいチームでプレーできたことを誇りに思います。このカターレ富山での経験をこれからのサッカー人生にいかしていきたいと思います。2年間、ありがとうございました」

 富山はJ3で30試合を終え、13勝7分10敗の勝ち点「46」で7位。次節はホームでガイナーレ鳥取と対戦する。