ACL決勝第2戦に向けた公式会見で自信を覗かせた堀監督。大一番ではどのようなサッカーを見せるのか?(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 11月24日、ACLの決勝第2戦を翌日に控えて堀孝史監督が公式会見に臨んだ。
 
 堀監督は「アウェーでの第1戦は非常に厳しい戦いだったが、選手の頑張りと、現地に来ていただいたサポーターの皆さんや日本で応援してくださった多くの方々の後押しがあり、明日の試合につながる結果を得られたと思っています。まずはその点に感謝しています」と、敵地で1-1で引き分けた第1戦を振り返った。
 
 また第2戦に向けては「明日の試合も難しい戦いになるはずですが、ホームの埼玉スタジアムで戦える。ファン・サポーターの皆さんとともに戦って、浦和レッズの力を示したい。第1戦の結果を踏まえてしっかり準備をしてきたので、明日は自信を持って戦い、喜び合える瞬間を作りたいです」と意気込んだ。
 
 一方で、第1戦で貴重なアウェーゴールを奪いながら後半に負傷交代したラファエル・シルバの状態に関して質問が飛ぶと「通常のトレーニングメニューをこなしている状態」と説明。大一番へチーム1の8得点を叩き出しているアタッカーの起用には目途が立っているようだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)