「IPPONグランプリ」に礼二、柴田英嗣、石田たくみが初参戦/(C)フジテレビ

写真拡大

12月2日(土)に大喜利No.1を決める「土曜プレミアム『IPPONグランプリ』」(夜9:00-11:10、フジ系)の放送が決定。今回、石田たくみ、柴田英嗣、礼二が初参戦する。

【写真を見る】大会を左右するブロック分け。Aブロックの出場者一覧/(C)フジテレビ

第18回の放送となる同番組は、松本人志が大会チェアマンを務め、10人の芸人が大喜利を行い優勝を争うバラエティー。初出場3人の他、秋山竜次、川島明、千原ジュニア、中岡創一、バカリズム、堀内健、若林正恭が出場する。

Aブロック、Bブロックに5人ずつ分かれ、それぞれのブロックで大喜利を行い、決勝進出者を1人ずつ決める。最後に両ブロックの決勝進出者2人が対決し優勝を競い合う。

Aブロックは柴田、ジュニア、中岡、バカリズム、若林。Bブロックは、秋山、石田、川島、堀内、礼二と振り分けられた。初登場の3人と中岡を除く6人は優勝の経験を持つ実力者がそろった今回。番組史上類を見ない激戦を制するのは果たして!? なお、観覧ゲストには泉里香、袴田吉彦、りゅうちぇるが出演する。

■ 初出場の石田たくみコメント

――視聴者として抱いていた「IPPONグランプリ」のイメージを教えてください。

元々大喜利は好きなんですが、今まで大喜利ライブなどに出演したことは無いんです。「IPPONグランプリ」をテレビで見ている時は、「自分だったらこう答える」とイメージしながら見ていました。次の日には、相方の(竹内)まなぶくんや芸人仲間と「あれ、こうだったよね」なんて盛り上がっていました。

――「IPPONグランプリ」出場が決まった際のお気持ちは?

「来たー!」と思いました(笑)。「IPPONグランプリ」は、自分のセンスを証明する場所だと思うので、そういう場を設けていただけたことに感謝しました。

――実際に収録を終えた感想を教えてください。

「IPPONグランプリ」は個人戦で、完全に自分の責任なので緊張しました。実際に皆さんとステージ上に並んでみて、「なんで、俺ここにいるんだ?」と(笑)。自分はこの(他の出演者との)並びでは、絶対出られないので(笑)。

――ファンの方へメッセージをお願いします。

テレビでは初の大喜利で、初の衣装を披露させていただいています。「IPPONグランプリ」は“パーティー”ということなので、事務所の方々とみんなで考えてスーツにしました。新たな“カミナリ・たくみ”を楽しみにしていただけたらと思います。(ザテレビジョン)