ホッケー女子オランダ奮戦記@前編


「さくらジャパン」のDF陣を統率する及川栞

 10月8日のことだった。MF永井葉月(ながい・はづき)が左45度の位置からスティックを一閃(いっせん)すると、シュートは相手GKの肩口を抜いてゴールネットに突き刺さった。スタジアムにゴールジングルの『ゾンビ・ネイション』が響くなか、彼女はチームメイトから祝福を受けた。

「オランダでやったった!」

 やってやったぞ――と、永井は思ったという。これが彼女にとって、オランダでの初ゴールだったのだ。

 一方のDF及川栞(おいかわ・しほり)は、ガッツ溢れる身体を張った守備とクレバーなインターセプトが光っていた。頭からルーズボールに突っ込んで、人工芝に身体を強く打ちつけても、「イテッ」とつぶやいてからスクッと立ち上がり、平然とプレーを続けた。

 結果、攻守にわたって日本人選手ふたりが機能し、オランイェ・ロートが3-0でブルーメンダールを下した。

 及川と永井はアイントホーフェンの町で共同生活をしながら、ホッケーの武者修行に日々励んでいる。

 オランダという国は、ホッケーのステータスがとても高い。高速道路の脇には時計を宣伝するファティマ・モレイラ・デ・メロ(元スター選手、引退して現在はマルチタレント)の巨大看板が立っている。ヨハン・クライフ・アレーナ(アヤックスの本拠地)にサッカーの試合を観戦しに行くと、VIP待遇のナオミ・ファン・アス(2016年の世界最優秀選手)を見かけることもある。

 人気と実力が備わったスター選手が集まることで、オランダ・ホーフトクラッセ(以下:オランダリーグ)は「世界最高峰のホッケーリーグ」と言われている。

 試合前のアップ時も、さらには試合中も、及川と永井はオランダ人のチームメイトたちと積極的にコミュニケーションを図っていた。その姿からは、日本人同士で固まらないように努めている意思が伝わってくる。オランダリーグ参戦2年目の及川は言う。

「『日本人同士で固まって話をしているのは、あまりよくない』と聞いてましたから。私たちはもっと英語をしゃべりたいと思ってますし、チームメイトのことをよく知らないとチームにも貢献できない。だから、チームとして活動しているときは、チームメイトともっとコミュニケーションをとろうと思ってます」

―― それはチームで食事をするときも?

「そうですね。その代わり家に帰ったら、どれだけ日本語をしゃべっているんでしょう(笑)」(及川)

―― 家で、ふたりはかなり話をしているんですか?

「もちろん! だから家以外のところではチームメイトと英語でしゃべるようにしています。自分たちを迎え入れてくれた人たちの前で、私たちがコソコソと日本語でしゃべり続けるのは、チームにとってプラスにならないし、チームメイトに対して失礼だと思ってますので」(及川)

「私は英語ができないし、初めは困ったというか、(会話するのが)嫌というか。だから最初は、チームメイトからも距離を置かれていました。私もしゃべれないからしゃべらないという感じで、チームメイトと距離を置いちゃった。でも栞さんを見ていて、コミュニケーションをとることって試合にもつながるから、すごく大事なことだと思いました。

 チームの作戦とかは、ちゃんとわからないといけないので、理解できないところは栞さんに聞いてます。でも、普段の会話は何を言ってるかわからないこともあるので、『ああ!』って、そこは(理解したフリで)適当にやるみたいな(笑)。ただ、自分の英語に対する気持ちは変わりました」(永井)

 及川が日本代表「さくらジャパン」に初めて選ばれたのは2013年6月。ロッテルダムで行なわれたホッケーワールドリーグでのセミファイナルだった。その初戦で、日本はオランダと1-1で引き分けた。

「自分の初キャップとなった試合で世界ランキング1位のオランダと引き分けて、『もしかして自分も世界のトップとできるんじゃないか』と思っちゃった」(及川)

 しかし及川は翌2014年、デン・ハーグで開催されたワールドカップで現実を思い知らされる。当時世界ランキング9位だった日本は、オランダに1-6と完膚なきまでに叩き潰されたのだ。

「そのとき、世界ランキング1位の実力を見せつけられました。引き分けた試合では、(オランダは)日本をナメてたのかもしれません。ワールドカップではボールを全然触らせてくれなかった。8割〜9割、私たちは自陣のコートで守っているだけでした。オランダは地元だから応援がすごかったし、プレッシャーも感じました。『ああ、これが強さだな』と思ったとき、オランダという国に興味を持ちました」(及川)

 その後キャリアを重ねていくうちに、及川は日本国内に目標とする選手がいなくなってしまったと感じたという。また、所属先のソニーHC・ブラビア・レディース(以下:ソニー)も日本国内4つの主要タイトルをすべて制する絶対的な強さを誇っていた。

「自分は『1』という数字にこだわりがあります。ソニーは、日本ではナンバーワン。だから次に自分が目指すのは、世界ナンバーワンでした。世界1位の国(オランダ)にひとりで行って、自分がどこまで通用するか、好奇心もあって試してみたかった。

 日本だったら日本語を使えるから、チームのなかで普通に指示を出せます。でも、それができないところでプレーしたときに、自分のスキルが通用するのか試したくなったんです」(及川)

 ただし、日本のホッケー界は世界のクラブとの「パイプ」がなかった。

 転機となったのは2016年2月。オランダで行なわれた『ドラッグフリック(ペナルティーコーナーのシュート技術)』の講習会に2週間参加したことだった。このとき、日本リーグに所属するチームからは及川と永井を含む8選手がオランダに飛んだ。そして、そのときの講師のひとりが、現在オランイェ・ロートの監督を務めるトーン・シープマンだった。

 及川は帯同した通訳を通じて、シープマンに「オランダでホッケーをやりたい」という思いを伝えた。すると、2016年夏からアイントホーフェンのふたつのクラブが合併してオランイェ・ロートが発足し、そのチームの監督にシープマンが内定しているのだという。

「ちょうどタイミングのいいことに、クラブは新しく生まれ変わり、私はそこの監督になる。君たちも、うちにおいでよ」。シープマンは及川と永井を誘ってくれた。

「すごいタイミングだな」と、及川は当時を振り返る。ただ、スケジュールの面からオランダのチームに移籍することは、2016年のリオオリンピック出場をフイにすることを意味していた。それでも、及川はオランイェ・ロートに加わることを決断した。

「私は当時27歳。リオオリンピックにはちょうどいい年齢だったけど、それ以上にオランダに行きたかった。オランダに興味を持った2014年からずっと行きたかったから、絶対にこのチャンスを活かしたいと思ったんです。だから覚悟を決めて、トーンさんに『次のシーズンからオランダに行きたい』と伝えました。そのことに後悔はしてません」(及川)

 2016-2017シーズン、及川は充実した1年を過ごした。

「オランダリーグのレベルは高い。毎試合トップレベルのFWと対戦することが、自分にとってすごくエキサイティングでした。オランダのMFやFWは層が厚いし、ボールを持ったら日本人にはない速さ、スキルを持ってる選手も多い。一方、日本は世界ランキング11位。それでも『世界ランキング1位を相手にもできるぞ! ナメんなよ!』と思ってプレーしました」(及川)

 及川とオランイェ・ロートとの契約は、ソニーからの1年レンタル。2年目のシーズンもオランダリーグでプレーを続けるためには、会社の許可が必要だった。もしかしたら2016-2017シーズンを限りに、及川はオランイェ・ロートを退団する可能性もある。シーズン終了後には、チームメイトがお別れ会を開いてくれた。

「お別れ会でオランダ代表だったチームメイトから、『リデワイが言っていたよ。シー(及川の愛称)の守りが何回もしつこくて嫌だった』という話を聞いてうれしかった。『やったったぞ!』と」(及川)

 リデワイとは、2015年の世界最優秀選手に選ばれたリデワイ・ウェルテン(デン・ボシュ)のことだ。

「世界一のスターに『嫌だった』と言わせてやった。そのとき、『世界から怖がられるDF』『コイツからマークされたら嫌、本当にウザいと思われるDF』『世界一のDF』になりたいと思いました。私は今、それを目標にやってます」(及川)

(後編に続く)

■その他球技記事一覧>>