「わろてんか」にトキ役で出演する徳永えり/撮影協力:Galaxy-Gingakei

写真拡大

第8週を放送中の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。念願かなって寄席の経営を始めたヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、試行錯誤しながらもどうにか経営を軌道に乗せようと、奮闘する姿を描いている。

【写真を見る】徳永えりは「梅ちゃん先生」「あまちゃん」に続く3回目の“朝ドラ”出演!/(C)NHK

そんな中、11月24日(金)放送の第47回では、てん付きのお手伝いさん・トキ(徳永えり)が再び登場。てんの元で寄席の手伝いを始めると商才を発揮し、寄席の客入りに貢献している。

徳永えりは、「梅ちゃん先生」(2012年)、「あまちゃん」(2013年)に続く3回目の“朝ドラ”出演。そんな徳永に、今後の見どころや本作で“名コンビ”ぶりを見せる風太(濱田岳)との共演について話を聞いた。

■ 飛び交う大阪弁を聞くと“素”が出ちゃう

──“朝ドラ”への出演は3作目ですが、大阪局制作の作品は初めてですよね?

そうですね。東京で撮影するのと違って、「わろてんか」に専念している感覚がより強いです。ホテル暮らしのキャストが多いですし、撮影の合間に他のお仕事が入ることが少ない分、この作品の撮影スタジオが“ホーム”という感じなんです。

いったん東京に帰って、また大阪に戻ってきた共演者の方は、「おかえりー」って迎えられるんです(笑)。

──ご自身も大阪のご出身ですが、そういう点でも「帰ってきた」感覚が強いのでしょうか?

それもあると思います。飛び交っている大阪弁を聞くと、私はつい“素”が出ちゃうんです。スタッフの方たちがそれを受け入れてくださっていると思うと、うれしいですね。

──徳永さんが大阪の街を案内されることもあるのですか?

私は大阪といっても、京都寄りの吹田市の出身なんです。なので、局の周辺のディープな情報は、いつもスタッフさんたちに聞いています。大阪に住んでいた時よりも、大阪に詳しくなっていますね(笑)。

■ 藤岡家の女子3人は、本当に仲良しなんです!

──大阪局周辺の“グルメリスト”があると伺いましたが。

そうなんです! スタッフさんがお薦めのお店のリストを作ってくださって、わかなちゃんと(堀田)真由ちゃんと私で、それを見ながらてくてく歩いて食べに行きましたね。

──やはり藤岡家の女の子3人は仲が良いのですね。

わかなちゃんと真由ちゃんは19歳で同い年なんですけど、私は10歳年上なんです。でも、彼女たちがとてもしっかりしているのと、話も合うので、役設定と同じように仲良しです。

クランクイン前から所作や料理のお稽古なども一緒にしていましたし、3人でUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)や京都に遊びに行ったり、カラオケにも行きました。「遊びに行くなら今のうち!」と思って、思い切り楽しみました!(笑)

──では、撮影でも息ぴったりなのですか?

そうですね。トキたちのテンションが一気に上がる場面で、リハーサルから盛り上がり過ぎて監督たちが困惑していたことはありました(笑)。そんな時でも、監督さんは「いいよ。それが“わろてんかワールド”だから」って仰ってくださって。自由に演じさせていただいています。

■ 濱田岳さんに甘えて、助けていただいているんです

──風太との掛け合いも、かなり勢いがありますよね。

ちょっとした漫才のつもりで、テンポを大切にしています(笑)。

──トキが風太に、「ちんちくりんの金太郎みたいな顔して!」ってツッコむ場面もありました。某CMが思い浮かんで笑ってしまったのですが、あれはアドリブだったのですか?

違います!(笑) もともと台本には書かれていなかったのですが、後から追加になったせりふなんです。誰が入れたんでしょうね(笑)。

リハーサルの時には、濱田さんが「やめろ! 明日(CMの)撮影なんや!」と返してくださって。みんなで大笑いしました。

──トキが風太をはたくシーンは、濱田さんが柱に頭をぶつけていたりと、かなり激しいですよね。

私はそこまでの力を入れていないのに、濱田さんが自ら柱にぶつかりに行ってくださるんです。それを見て、私が合わせている感じでしょうか。

バイオレンス的に映ってはいけないし、ちゃんと“ボケとツッコミとなんだ”と、視聴者の方に分かってもらわないといけないんですよね。その加減が難しいです。本当に、濱田さんのリアクションの上手さに甘えて、助けていただいているんです。

■ トキはかなり強引に、大阪に戻ってきました(笑)

──あらためて、トキはどんな女性なのでしょうか?

てん様付きのお手伝いさんとして、トキはてん様の幸せを何よりも考えているんだと思います。「てん様を守ることが自分の幸せなんだ」と思っている女性なのだということを意識して、演じるようにしています。

──そういう思いから、トキは藤岡屋に暇をもらって、てんのいる大阪に戻ってくるのですね。

トキはかなり強引に、大阪に戻ってきていますよね(笑)。てん様に「ここに置いとくれやす」とお願いする時には、人生を捧げるような気持ちで演じました。「断られてしまったら、生きがいが無くなってしまうんだ」というくらい、必死に願い出ているんだと思います。

──徳永さんが思う、てんの魅力は何でしょうか?

わかなちゃんの魅力でもあるのですが、笑顔の吸引力じゃないでしょうか。てん様が笑うと、こちらまでうれしくなるんですよね。「てん」という名前の由来の通り、「お天道様」のような笑顔で、心が温まります。

──寄席の売り上げにも貢献するようになったトキですが、今後、風太との関係も気になるところです。

そう言っていただけるとありがたいです!(笑) でも、風太はこれから立場が変わって、トキの気持ちもより複雑になっていくんです。これまでとは“ど突き方”も変わるので、注目していただければと思います。

風太はきっと、一生てんちゃんに片思いしていると思うんです。もしその気持ちが、トキに向くことがあったら…「妥協」でしょうか?(笑) これからどういう展開を迎えるのかは私にもまだ分からないので、楽しみにしています。

──最後に、今後の見どころを教えてください。

てんちゃんはこれから、少女から大人の女性へと成長します。その中で、藤吉さんと夫婦としてどういう関係を築くのかや、そこにトキや風太、芸人さんたちが加わった時にどういう変化が起きるのかが見どころですね。

そして、てんちゃんのポジティブで太陽のような笑顔は、これから物語がどんな状況、時代になっても変わりません。「悲しいことがあっても、“笑い”はパワーになる」ということを、皆さんにも伝わるといいなと思います。(ザテレビジョン)