日中国交正常化45周年を記念するプロジェクトのスタートセレモニーが20日、上海の「プラススペース」で開催された。

写真拡大

日中国交正常化45周年を記念するプロジェクト「日中友好文化交流の旅」のスタートセレモニーが20日、上海の「プラススペース」で開催された。同プロジェクトでは、2018年に日中の優秀な若いアーティストやエキスパートが相手国で文化交流や公益活動を行うことになっている。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

スタートセレモニーには、在上海日本総領事館の片山和之総領事、中華文化促進国際交流基金の徐迪旻秘書長、AKSアジアエリアの寺田成昇副総裁、AKB48 CHINAの謝伊華聯席総裁らが出席し、あいさつした。ゲストらは、AKB48のような青年による文化交流活動を通して、両国の若者が文化・芸術の面で互いに尊重、理解し合うようになることを願っている。

日中国交正常化40周年の時に、親善大使を務めたアジアで人気を誇るアイドルグループ・AKB48からは、渡辺麻友、向井地美音、小栗有以が20日のイベントに参加した。3人は会場で、日中両国の文化交流を促進する政府関係者に、サイン入りの日中友好を祈る寄せ書きを贈呈した。3人は「中国の夢ある女の子たちが積極的に『AKB48の中国姉妹グループ募集活動』に参加し、日中友好交流の重責を担うことを願っている」と話した。

「日中友好文化交流の旅」のスタートセレモニー終了後、渡辺麻友、向井地美音、小栗有以の3人は、同プロジェクトの一番目となる青年文化交流活動としてファンミーティングを行った。そして、ポジティブな姿勢とプラスのエネルギーに満ちた行動で、「日中友好文化の旅」に花を添えた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)