堀正岳『ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250』(KADOKAWA)

写真拡大

なぜかいつも時間がない。そんな悩みを解決するには、時間を「なんとなく」使わないことです。「Lifehacking.jp」管理人の堀正岳さんは、「日々のルーティンで、何にどれだけ時間を使っているか細かく知ることがカギを握る」と説きます。たとえば自宅から最寄り駅まで徒歩で「何分何秒」になるか、把握できていますか――。(後編、全3回)

※以下は堀正岳『ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250』(KADOKAWA)より抜粋、再構成したものです。

■時間は分・秒まで正確に意識する

突然ですが、あなたは最寄りの駅まで歩くのにかかる時間をご存じですか?

5分、15分といった、大雑把な時間ではありません。晴れた日に、無理のないスピードで歩いた際にかかる正確な時間を、分・秒に至るまで把握しているかという話です。雨の際にはどれだけ長くかかるでしょうか? 別の道を歩いた場合には?

たとえば私は車で通勤していますが、平均的な日には行きが28分、帰りは別の道を使ったほうが速いので平均24分だということを知っています。しかし、周囲の会社の退勤時間とかぶってしまう18時前だけは別です。17時40分までに移動を開始しなければ、帰り道の時間は混雑で平均5分増えてしまうのです。これは私が、自分の出勤・退勤を何百回も計測したことから知った経験則です。

■時間を「なんとなく」使わない

上に挙げた通勤時間の測定の例は極端かもしれませんが、朝食の時間はいつも何時なのか。いつも入浴にどれだけの時間を使っているのか。会食をして帰る場合、何時くらいまで遅くなり、そのために次の日にどれだけ睡眠不足になるのか。これらはすべて意識して測ることができます。測定をすることで、私たちは時間をより細かく意識することができるのです。

ここでいきなり結論に飛びついて「それならば食事時間を5分節約しよう」「お風呂は手早く入ろう」などと考える必要はありません。時間を正確に測るのは、どこで時間を大雑把に使っているのかを把握するために行うからです。

これは、時間を1日の長さの物差しだと考えるとわかりやすいでしょう。時間を30分、1時間という単位でなんとなく使っていると、目盛りの数は多くても24〜48個です。しかしもっと細かく時間を把握したなら、この目を細かくすることができます。時間は増えていないのに、意識の「時間分解能」を上げることができるのです。

■時間を測ってルーティン・メモを作る

時間の使い方を意識するために、まずは起床時間と睡眠時間、食事の時間、出勤・退勤といったような、毎日やっているルーティン的なものを1週間ほどメモしてみましょう。

繰り返しになりますが、まだこの段階で、時間を節約しようと考える必要はありません。まずは自分の時間の使い方のクセを知ることが必要だからです。

慣れてきたら、時間の使い方に対するあなたの気持ちも一緒にメモしてみます。この就寝時間はちょっと無理があった、この時間に帰ることができると調子がいいみたいだといった具合です。

実は、この簡単な「ルーティン・メモ」をつけるだけで、時間の見方は変わってきます。

高い時間解像度で日常を見ることで、「ここで5分早く行動すると結果が違う」あるいは「残業は思ったほど効率がよくない」といったことが見えてくるからです。

時間を正確に意識すれば、時間は増やすことができるのです。

■自分の黄金時間に最難関タスクを倒す

すべての時間は平等ではありません。

時間あたりの能率が非常に高い時間帯もあれば、何に手を付けても集中力がもたず中途半端になってしまう時間帯もあります。

そのため「今日は8時間あるので、8時間分の作業ができるはず」と考えるのは危険です。それではアクセルを全力で踏むべき時間にブレーキを踏み、上り坂になったあたりで速度を出そうとやっきになるようなものなのです。

多くの場合、十分な睡眠を取ったあとに目覚めて1〜2時間たったあたりが集中力が最も発揮される時間帯です。作業によっては、たとえば数時間かけて簡単なプログラミングをしたあとで難しい部分にとりかかると、非常に高度な思考をラクにできるという人もいるでしょう。

この、極めて高い集中力が発揮できている時間帯は、数週間ほどかけて、カレンダーのなかにそれがいつだったのか、どんな条件下だったのかを記録しておきましょう。それがあなたの成果の大半を生み出す「黄金時間」なのです。

ある程度条件がわかってきたら、その黄金時間用のタスクを意識して準備しておきます。一番調子が良い時間に、一番難しいタスクを倒してしまうわけです。

欧米のライフハッカーにはこれをゲームになぞらえて、難しいタスクのことを「本日のドラゴン」と呼ぶ人もいます。「今日倒さないといけないドラゴンはこれだ」と把握した上で、自分が最も効率的にそれを倒せる時間を選んで、そこに集中投下するのです。

ドラゴンさえ倒せたなら、あとはすべて“雑魚”ですから、1日の成果を気にする必要はないのです。

■手が止まる時は「先送りメモ」を付ける

仕事を前にしてどうしても手が止まってしまう。いつまでもグズグズと手を付けることができない。そうした「先送り」は、なにも私たちが怠惰だから起こるのではありません。

“The Now Habit”の著者のネイル・フィオーレ氏は、先送りは不確定な未来に対する恐怖やストレスに対する対抗手段として、自分たちで生み出す心の防御姿勢であると指摘しています。

それは心の不安が生み出している見えない壁のようなものですから、「安心」を与えてあげることでその力をそぎ落とすことができます。

そうした安心感を作り出す手法の一つに「先送りメモ」があります。これは、先送りをしたくなる衝動を意識したら、そのときに感じている恐れや不安を隠さずに言葉にしてしまうというものです。

実際にメモをつけてみると、恐れの多くは理不尽であることに気づきます。たとえば失敗するのが怖いという不安は、「失敗するつもりで仕事をしている人はいない」「最初から完璧にする必要はない」ということに気づくことで、自分を客観視できるようになります。

あとは、こうしたメモを利用して自分への話し方を変えてみましょう。

●失敗するかもしれないので怖い
→失敗するのは怖いことだが、なるべくそうならないようにこういう手を打ってみよう

●完璧にできないかもしれないので怖い
→まず形にしてみよう。そうすれば方向性が見えるはず

心の壁は、実は自分で自分に対してかけている呪いのようなものなのです。「先送りメモ」でそうした呪いに気づくことができれば、それを解除するヒントも見つかるはずです。

----------

堀 正岳(ほり・まさたけ)
「Lifehacking.jp」管理人。研究者・ブロガー。北極における気候変動を研究するかたわら、ライフハック、IT、文具などをテーマとしたブログ「Lifehacking.jp」を運営。知的生産、仕事術、ソーシャルメディアなどについて著書多数。理学博士。

----------

(「Lifehacking.jp」管理人 堀 正岳)