画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハーマンインターナショナルは11月22日、JBLブランド初の子ども向けヘッドホンとして、有線タイプの「JR300」と、Bluetoothワイヤレスモデルの「JR300BT」を発表した。発売は12月1日。直販価格はJR300が2,380円、JR300BTが4,380円(いずれも税別)。

JR300とJR300BTは、子どもが使いやすいよう安全性やデザインに工夫を施したモデル。大音量による耳への悪影響を抑えるため、音量を常に85dB未満に制限するよう設計している。

JR300はレッド/ブルー、クリアブルーの2色、JR300BTはピンク、ブルー/オレンジ、ティール/パープルの3色を用意。装飾用のシールが付属しており、デザインをカスタマイズできる。

本体は折りたたみが可能で持ち運びにも向いている。長時間使用しても耳元が痛くなりにくいよう素材にもこだわっており、ヘッドバンド内側やイヤーパッドに柔らかいクッション材を使用している。

Bluetooth対応のJR300BTは、最大約12時間のワイヤレス再生に対応。急速充電もサポートし、10分の充電で1時間の再生が行える。イヤカップ部のボタンを操作すれば、再生/一時停止、ハンズフリー通話の応答が可能だ。