【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は24日、ロシア極東のウラジオストクに「韓国投資企業支援センター」を開所したと発表した。

 KOTRAはセンター開設の理由について、ロシア極東地域はユーラシアにつながる経済・物流の中心地で潜在力が大きく、企業進出の拠点にふさわしいと説明している。

 KOTRAは企業の海外投資・進出を後押しするため、7カ国で12カ所の韓国投資企業支援センターを運営。海外法人の設立支援をはじめ、現地の法律に関する相談に応じたりマーケティングを支援したりと、現地での経営に必要なさまざまなサービスを提供している。