マインツのGKロビン・ツェントナー【写真:Getty Images】

写真拡大

ドイツ1部で誕生した“あの珍場面”に再び脚光「今季早くも生まれた名場面」

 海外サッカーで、GKがトラップした足元からボールが後方に流れていることに気づかずに空振りし、危うく相手にボールをさらわれかけた珍シーン。今月上旬に発生した“消えたボール事件”は話題を呼んでいたが、FOXスポーツオランダ版は今季の名珍場面として特集。ファンから「守護神の失態だけは他のものとは別格だな」などと再び反響が沸き起こっている。

 その瞬間、ボールは3メートルに後ろにあった。あの珍場面が再び脚光を浴びている。まさかの主人公になってしまったのは、ドイツ1部ブンデスリーガのマインツGKロビン・ツェントナーだ。

 今月4日(日本時間5日)のリーグ第11節、メンヘングラードバッハ戦。前半30分だった。1-0でリードしたマインツのツェントナーはエリア内に転がってきたボールに対し、余裕をもって右足でトラップした。再び、前線に展開しようと状況を見極め、ボールを出そうとした。右足のインサイドで丁寧に振った瞬間だった。そこに、ボールはなかったのだ。

 あるはずのボールの感触がない。異変に気付いたツェントナーは足元に視線をやるとハッとして、すぐさま後ろを振り返った。ボールは2メートルほど後方に転がっていたのだ。これに対し、気づいていたのが相手FWシュティンドル。慌ててツェントナーは戻り、相手と競り合いながらボールをキープ。辛くもゴールを割られず、事なきを得たのだった。

話題を呼んだ“二度見空振り”、足元のペナルティスポットの“影”が悲劇の原因に…

 決定的瞬間を米FOXスポーツは公式インスタグラムに動画付きで紹介。映像を見ると、トラップの瞬間から足元の視線を切っており、気づくまでの4秒間、ボールはどんどん後ろに転がっているのにステップを踏んでいる様子はなんともシュール。そして、蹴る瞬間にようやく目線を足元に下げているが、空振って瞬時に“二度見”状態で大慌てに転じるギャップが映し出されている。

 当時はファンから「これは恥ずかしい」「これを見たとき、笑いが止まらなかった」という声が相次ぎ、「どうすればこんなボールの失い方ができるのか…」と反響を呼んでいたが、今回、FOXスポーツオランダ版は「今季早くも生まれた狂気、珍事、歓喜の名場面の数々に感謝の意を込めた感謝祭」といくつかの名珍場面とともに特集している。

「守護神の失態だけは他のものとは別格だな」「GKのはちょっとびっくりだな…」と再び反響を呼んでしまった。当時の報道によれば、足元のペナルティスポットの“影”をボールと勘違いしたのが、まさかのミスの原因だったという。確かに、空ぶった右足が通過したのは、ペナルティスポットの上だった。

 チームはJリーグから移籍3年目を迎えた元日本代表FW武藤嘉紀も先発フル出場したが、後半に追いつかれ、1-1で引き分け。自らのミスによる失点こそ逃したツェントナーだったが、まさかの珍シーンはリーグの今季名場面として早くもファンの脳裏に焼き付いてしまった。