岡山MF関戸健二が手術を実施…左ひざ関節軟骨損傷で全治2カ月

写真拡大

 ファジアーノ岡山は24日、MF関戸健二が手術を実施したことを発表した。

 同選手は11月5日に行われた第40節名古屋グランパス戦で負傷。左ひざ関節軟骨損傷と診断され、22日に手術を受けたという。手術の結果、全治2カ月と診断されている。

 関戸は2012年の入団以降、岡山一筋でプレー。今季の明治安田生命J2リーグでは40試合に出場し、1得点を挙げていた。

 岡山は13勝16分け13敗の勝ち点「55」、13位で今季を終えている。