大谷亮平×本田翼W主演ドラマ『チェイス 第1章』場面写真 監督「大手メディアでは選べない題材」

写真拡大

 大谷亮平と本田翼がW主演を務めるAmazonオリジナルドラマ『チェイス 第1章』より、場面写真とコメントが公開された。

参考:大谷亮平×本田翼、Amazonオリジナルドラマで初共演 本田「最も考えて最も監督と相談した作品」

 本作は、『神様のカルテ』『白夜行』の深川栄洋が総監督を務めるサスペンスドラマシリーズ。記者・三上とBSテレビの新米AD・麻衣が、27年前に起こった5つの連続幼女殺人未解決事件の真相に迫る模様を描く。

 記者・三上役を大谷、BSテレビの新米AD・麻衣役を本田が演じるほか、キャストには、岸谷五朗、羽田美智子、田山涼成、かとうかず子、でんでん、嶋田久作、平田満らが名を連ねる。脚本を務めるのは、『海猿』『HERO』『龍馬伝』の福田靖。音楽を『JIN-仁-』の長岡成貢、主題歌をポルノグラフィティが担当する。オープニング映像は、『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』などのVFXを手がけた白組が演出。

 深川監督から寄せられたコメントは、以下の通り。

■深川栄洋監督コメント・作品についてコメント子供の頃はテレビっ子でした。親や友達よりもたくさんの時間、テレビと向き合ってきました。41歳となり、たくさんの時間を使って向き合うものは、スマホに変わりました。親や妻よりも長く……(汗)。今、求心力はテレビよりもネットにある。真実と嘘が同じくらい並ぶのがこのメディアの特性です。この『チェイス』において、僕のテーマも真実と嘘にしました。仲間たちと大手メディアでは選べない題材に挑みました。テレビに飽きてしまった人はどうぞ期待ください。

・大谷亮平の演技・印象について日本の若い俳優が失っている骨の太さを持った役者です。少年が持つ素朴さと計算出来ない野生を放つ彼は、最近では観ることができなかった輝きを放璧となる可能性を秘めています。

・本田翼の演技・印象について確立した理論を持つ演出家でも彼女の芝居をコントロールすることは出来ない。文学賞経験のある作家でも彼女を言い表す比喩を持った人はいない。25歳の本田翼は掛け値なく面白い俳優です。

(リアルサウンド編集部)