ソフィア・コッポラ監督最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』特報&ポスタービジュアル公開

写真拡大

 来年2月23日に公開されるソフィア・コッポラ監督最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』より、特報と第1弾ポスタービジュアルが公開された。

(参考:『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』特報

 本作は、巨匠フランシス・フォード=コッポラの愛娘、ソフィア・コッポラ監督の長編6作目。トーマス・カリナンが1966年に書いた小説『The Beguiled』をモチーフに、南北戦争期、女子学園寮に1人の負傷兵が転がり込んできたことをきっかけに起こる愛憎を描く。1971年にクリント・イーストウッド主演『白い肌の異常な愛情』として映画化されたが、今回はリメイクではなく、原作を女性視点で描くとの発想で製作したとコッポラは述べている。

 秩序を守る女学院の園長役にはニコール・キッドマン、小悪魔な生徒役にエル・ファニング、恋に恋する純粋な教師役をキルスティン・ダンスト、負傷兵役をコリン・ファレルが演じる。企画当初から反響を呼んでいた本作は、今年5月に行われた第70回カンヌ国際映画祭にて初披露されると、コッポラは女性としては56年ぶり2人目の快挙となる監督賞を受賞した。

 この度公開されたポスタービジュアルは、女子寄宿学園の門の外から7人の女性たちを写したもの。デザインは、もともとコッポラ自身が監修し、北米および他の国の公開時に使われたビジュアルとは違うデザインで、今回日本版のポスターのみが採用している。

 また、特報では、学園に住む7人の女性たちによって助けられたファレル演じる兵士が、 学園の女性たちによって介抱されるなかで、顔の火照りを冷やすキッドマン、なまめかしい視線を投げかけるダンスト、ファニングが映され、次第に眠っていた欲望が目覚めていく様子が映し出されている。

(リアルサウンド編集部)