24日、米サンフランシスコ市内に設置された慰安婦像について、同市の市長が受け入れを承認。大阪市が不満を示している。資料写真。

写真拡大

2017年11月24日、米サンフランシスコ市内に設置された慰安婦像について、同市の市長が受け入れを承認。大阪市が不満を示している。

22日、サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は、中国系の民間団体が設置した慰安婦像の寄贈を受け入れるとする市議会の決定を承認する文書に署名した。同市と姉妹都市関係にある大阪市の吉村洋文市長は、リー市長に拒否するよう求めていた。今回の決定について吉村市長は「大変遺憾。姉妹都市は強い信頼関係に基づくもので、この信頼関係は消滅した」との考えを示し、姉妹都市関係の解消の手続きに入る意向を示した。

この問題について、中国のネットユーザーからは慰安婦問題に対する日本の姿勢を批判するコメントが多く寄せられたが、中には「歴史を認めるのがそんなに難しいのか?」という日本へのコメントに対して「どの国にとっても歴史を認めるのは難しいことさ」「中国にとってもかなり難しいよ」と自国に対する指摘も。また、慰安婦像の受け入れを承認したリー市長について、アジア系であることを指摘するコメントにも多くの支持が集まっている。

なお、サンフランシスコ市は韓国・ソウル市、中国・北京市とも姉妹都市関係にあり、リー市長は昨年、ソウル市の名誉市民に選ばれている。(翻訳・編集/北田)