22日、韓国のネット上で、日本の有名観光地に落書きした韓国人カップルを目撃したという投稿が話題を呼んでいる。写真は福岡タワー。

写真拡大

2017年11月22日、韓国のネット上で、日本の有名観光地に落書きした韓国人カップルを目撃したという投稿が話題を呼んでいる。韓国・WIKITREEなど複数のメディアが伝えた。

記事によると、同日、韓国のあるインターネット掲示板に「大韓民国の人間として恥ずかしかった瞬間」と題したスレッドが立った。スレッド主は「福岡タワー3階に、南山タワー(Nソウルタワー)のようにメッセージを書いた鍵をかけられる空間がある」と紹介し、前日の21日に「そこに置かれているペンで落書きをする韓国人カップルを目撃した」と続けた。

実際の写真を見ると、カップルの名前(※モザイク処理)とともに「福岡タワーに行ってきました。愛してる。2017.11.21」と書かれていることが分かる。さらに「日本人の職員が『落書きしないでください』と制止したにもかかわらず、(韓国人カップルは)分からないふりをして最後まで書いた」といい、「同じ韓国人として本当に恥ずかしく、自分の顔まで赤くなった」とつづった。なお、カップルが立ち去った後に何とかして落書きを消そうとしたが消せなかったという。最後にスレッド主は「一部の非常識な韓国人観光客のせいで、大韓民国という国のイメージが傷つけられているようで悲しい」との言葉を残している。

WIKITREE以外にも、東亜日報は「日本の観光地で韓国語の落書き『非常識カップル』」、ソウル経済は「福岡タワーで落書きした韓国人カップル…『国のイメージを傷つける』」と報じるなど、「落書き論争」の新たな火種になっている。

ネットユーザーからは、これまで同様「国の恥」「君たちがどこ行って来たかなんて全く気にならない」「早く戻って消してきて」「探し出して罰金を取るべき。そうすれば過ちに気付くんじゃない?」「どうか(海外に行かず)国内で遊んで」など厳しいコメントが目立ち、中には「家庭教育を全く受けてこなかったのだろう」「子どものころから店内で駆け回っても親が叱らずに甘やかしてたからこういうことになる」など教育の問題を指摘する声も。

その他にも「末永くお幸せに」「きっとこういう子は記事になっても恥ずかしいと思わないはず。今ごろ『私のことが記事になった』と証拠写真をばらまいているのでは」と皮肉るコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)