気象予報士の天達武史が「関東地方の週末は晴れが続きますが、天気の3Kには注意しましょう」と呼びかけた。朝と昼の「寒暖差」が大きく東京都心でも10度ぐらいの差に広がる。空気が「乾燥」するのでインフルエンザに注意。「強風」も吹くので、体感温度は気温以上に寒く感じるという。

西日本の青天はあす25日(2017年11月)までで、あさって日曜日は雲が広がり、気温も12月中旬並みの寒さになる。日本海側では雨や雪が強まり、落雷や突風、山沿いでは大雪に注意が必要という。