画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「聞く」「読む」「話す」「書く」のバランスが重要な英語コンテンツ

文書作成ソフト「一太郎」や、今ではコレなしでの文章作成は考えられないといったヘビーユーザーも多い「ATOK」でお馴染みのジャストシステムは2017年11月21日、東京本社にてタブレット端末で学ぶ通信教育「スマイルゼミ」に関する記者発表会を開催した。

2012年12月より提供が開始された「スマイルゼミ」は、翌2013年12月に中学生コースの提供を開始するなど、家庭での学習教材として着実な進化を遂げてきた。2020年度から実施される新学習指導要領にある、英語教育の充実化とプログラミング教育の必修化に対応するにあたり、ジャストシステムならではのアプローチで展開する。

発表会では、ジャストシステムILS事業部マーケティング部の寺尾房代氏より変化する学校教育の現状や同社が提供する家庭学習用の通信教育サービス「スマイルゼミ」及び学校教育の現場で用いられる「ジャストスマイル」が、どのようにして新学習指導要領に対応していくのかの説明がなされた。

寺尾氏によれば、現在小学校でも行われてきている英語教育に対しての充実化、そして、プログラミング的思考の教育がポイントとして挙げられた。英語教育に関しては、小学校3・4年生で必修科目となるほか、5・6年生では教科となる。それに加え、大学入試に関してもセンター試験から新たな大学入学共通テストへと移行されるほか、英語に関しては民間試験の利用がスタートされる。

今後5年で大きく変化していく教育環境に、ジャストシステムは学校と家庭の両面でサポートするという。先に述べたように、学校では「ジャストスマイル」で、家庭では「スマイルゼミ」で子供たちの学習をサポートしていくのだが、同社では2018年3月より「スマイルゼミ」でプログラミング講座を開講、現時点でも行われている英語講座も2018年4月より改訂版の提供を開始。文教用の「ジャストスマイル」も2018年6月に英語とプログラミングに対応した教材を提供し、2020年度にスタートする新学習指導要領移行措置期間に対応していくと説明した。

○「聞く」「読む」「話す」「書く」のバランスが重要な英語コンテンツ

今回の新学習指導要領対応における英語教育について寺尾氏は、「聞く」「読む」「話す」「書く」といった4つの技能をバランス良く養えるよう、同要領に準拠した学習カリキュラム・コンテンツを配信していくと述べた。そのなかでポイントとなるのが、体験を伴う学びに加え、音遊びのようにちょっとしたゲーム要素によって楽しく反復学習が行えるよう工夫がなされていること。単に机上での学びに留まらず、タブレット端末での学習という素地を活かし着実に学力として定着するようになっている。

加えて、オプション講座として用意された「スマイルゼミ 英語プレミアム」についても寺尾氏より説明があった。はじめて英語に触れる子供たちに向けた「英語プレミアム HOP」では、体験型絵本やリズムゲームなどで繰り返しネイティブの発音に触れる機会を、「英語プレミアム STEP」では一歩進み学習指導要領の域を超えて読む・書くといった学習を強化。さらに、綴りと発音の関係性から学びを深めるフォニックス(Phonics)学習により、特に聞く・話す学びを深化させていく。その他、英検5級〜2級に対応したカリキュラムにおいても、4つの技能をバランス良く学ぶことができる。鍵となるのは、反復学習による学力の定着だ。

●キーワードは"プログラミング的思考"

○キーワードは"プログラミング的思考"

さて、もう一方のトピックスでもあるプログラミング講座に関してだが、ジャストシステムでは“プログラミング的思考”というキーワードに沿って展開していくとジャストシステムILS事業部開発部の廣庭雅一氏は壇上で述べた。

まず冒頭で、昨今プログラミング教育というキーワードについて、コーディングを覚える・できるようになることがプログラミング教育の目的であると誤解されているのではと述べ、実際に文部科学省が策定した「小学校学習指導要領解説 総則編」では“時代を越えて普遍的に求められる「プログラミング的思考」の育成が重要”とされていることを紹介。「スマイルゼミ」においても、課題解決のための手順を考える学習内容となっている。

例えば、「水槽に水を入れる」といった大雑把な課題に対して

「水を入れる容器を用意する」

「水道で水を容器に入れる」

「水槽まで水を入れた容器を持っていく」

といった、課題解決に繋がる具体的な手順を考えることでプログラミング的思考を育んでいくという。発表会では小学校2年生向けの教材を用いたデモンストレーションが行われたが、実際にひとつひとつの行動を自ら選択し、プログラミングするかのように行動を積み重ねていくことで課題を解決していく内容となっていた。手を動かし試行錯誤を繰り返しながら、ひとつの課題に対して必要なアプローチの手段を考える能力を養う。これが、ジャストシステムが考える“プログラミング的思考”の学習に対する解だ。

また、既存教科の学習理解を深める上でも、このプログラミング的思考は大いに役立つ。デモンストレーションで公開された水槽に水を入れる小学校2年生向け算数の教材では、リットル、デシリットル、ミリリットルの関係性についてプログラミング的思考を駆使しながら理解を深める内容となっている。

例を挙げると「4リットルの水は何デシリットルか?」という課題に対して、「8デシリットルのバケツで5回水をくめば4リットルになる」ということを、プログラミングを通して教材のなかで体験していくことで理解を深めることが可能となる。もちろん、家庭学習用教材「スマイルゼミ」だから、チュートリアルを経て問題を解き応用問題にチャレンジしてみる、といった一連の流れをひとりで楽しく取り組むことができる。発表会では「算数×プログラミング」のデモンストレーションだったが、「理科+社会×プログラミング」「音楽×プログラミング」「家庭科×プログラミング」といったかたちで各教科について2018年7月以降展開されるとのことだ。

小学生の段階から、課題に対して解決するための手段を考え実際に手を動かしてみる、という学習スタイルに慣れ親しんでおくことにより、実際の社会生活において役立つ思考力の育成を狙うジャストシステムの「スマイルゼミ」。コーディング手法を学ぶプログラミング学習とは異なり、課題解決能力の底上げや課題解決のための手段の多様性を育むことが可能となっており、「人間力の育成」に重きが置かれているように感じた。