仲里依紗、浮気される妻再び…1月期ドラマでテレ朝初主演

写真拡大

実力派女優の仲里依紗が、来年1月からテレビ朝日でスタートする金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』(毎週金曜、23:15〜 ※一部地域を除く)で主演することがわかった。“夫婦サイドの純愛”にフォーカスした作品で、“正妻と夫婦愛の正義”が描かれる。仲は、夫に浮気される側の正妻役で登場する。

時代を問わず、数多くのヒット作を産み落としてきた不倫ドラマだが、この王道ジャンルに2018年、新たな切り口の作品が誕生。これまでは“道ならぬ恋=甘美で切ない純愛”として描かれることが多かったが、今回の作品は、夫に浮気される側の正妻を主人公に据えた内容になっている。

仲は、今回がテレビ朝日のドラマ初主演。『あなたのことはそれほど』(2017年)では主人公と不倫する夫をじわじわ追い詰めるサレ妻(=怖い浮気される妻)役で話題を呼んだ仲だが、今作では正々堂々としたサレ妻・高森杏寿を演じる。夫に強い執着をもつ危険な女の妨害にも負けず、壊れた夫婦の絆を何度でも結び直しながら、“夫婦再構築”を目指して真正面から戦うヒロイン像を構築。劇中では自身も異性から誘惑される、危ういシーンも演じるなど、またも世間を驚かせてくれそうな予感をさせる仲の“新たな顔”に注目だ。

物語は衝撃的な幕開けでスタート。誰よりも信じていた夫の浮気が発覚し、杏寿は平和な日常から一転、苦悩の日々に突入。葛藤の末、夫を信じ直して立ち上がり、夫も妻の愛情を再認識し、ふたりは元の鞘へ収まろうとするが、やり直そうとするたび、夫の浮気相手が愛し合う夫婦を“さらなる困難”へと陥れていくことに。“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛物語が紡ぎ出されていくく。

そして、本ドラマの原作は、『バラ色の聖戦』などでおなじみのベテラン漫画家・こやまゆかり氏原作の大人気コミック。1000万ダウンロードを突破したDeNAの人気マンガアプリ「マンガボックス」にて配信が始まるや、草壁エリザ氏の清艶な絵柄も相まって、女性のみならず男性をも魅了。幅広い読者を獲得した。閲読者数は300万人以上、コミックス販売数は紙・電子累計で30万部を超えている。

そんな話題作をもとに脚本を執筆するのは、サスペンスや女性心理の描写でとりわけ高い評価を得ている渡辺千穂氏。『名前をなくした女神』(2011年)や『ファースト・クラス』(2014年)、『べっぴんさん』(2016〜2017年)など、数々の話題作を世に送りだしてきたヒットメーカーだ。さらに、『官僚たちの夏』(2009年)や『エンドレスアフェア』シリーズ(2014年)などを手掛け、その演出力に定評のある松田礼人氏が監督を担当。卓越した描出力を誇る強力タッグが、新たな色彩を加えておくる実写版『ホリデイラブ』に期待が高まる。

今回に出演について、仲は「私自身は日ごろから、お仕事の合間も旦那さんにはマメに連絡し、隠し事のない夫婦関係を築くようにしてるんです。そうすることで安心感や信頼感が増えているという実感があるんですけど、さすがに今回の原作を読んだときは“もしかしたら私自身にも起こりうる出来事かも……”って、グサッときました(笑)。リアルに夫婦のことを考えられる立場にあるからこそ、今回は嘘のないお芝居ができそうです」とコメント。さらに、「テレビ朝日さんで主演を務めさせていただくのは今回が初めてで、喜びとともに緊張感やプレッシャーも感じていますが、旦那さんも応援してくれていますし、全力で取り組んでいきたいです」と意気込んでいる。また、杏寿という役については、「自分をちゃんと持っている女性。心が揺らぐことも当然あるでしょうけど、それでも自分が信じる愛を貫く姿がとてもカッコいいし、思わず応援したくなる人です。自分を信じ、夫を信じて生活していれば、きっと神様は笑ってくれるはず! そう信じて、元気に明るく演じていきたいです。目指すは“主婦の強い味方”。全国の主婦の皆さん! モヤッとしてしまうことがあったときは、ぜひ杏寿を見て“自分も頑張ろう”って思っていただけたら、嬉しいです。そして世の旦那さん! 気を付けてください。奥さんはちゃんと見てますよ(笑)。一番近くで支えてくれる人を悲しませないでくださいね」と語っている。