世界的パティシエ、小山進氏が手掛ける『パティシエ エスコヤマ』から、1年間の集大成ともいえる新作チョコレートが11月2日(木)に発売されます。

 

■テーマは「DISCOVERY 〜終わりなきカカオ探求の旅〜」

小山進氏のカカオや素材への探究心から得られた数多くの発見。そこから生み出されたのは、なんと“50種類もの新作ショコラ”!

その中でも注目は、フランスで最も権威あるショコラ愛好会『C.C.C.』のコンクール出品作でもある、特にオススメのトップ4、『SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2017』。


出典:パティシエ エス コヤマ

ショコラの無限大の可能性をギュッと凝縮した一品。1箱4個入り、1,728円(税込)。


出典:パティシエ エス コヤマ

以下より、『SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2017』の4粒についてそれぞれご紹介いたします。“終わりなきカカオの探求の旅”のミニガイドとしてお楽しみください。

 

■1:「HARU〜赤と緑(苺&ふきのとう)〜」


出典:パティシエ エス コヤマ

“日本の春”を表現した注目のチョコレート! 花開く前のフレッシュなふきのとうと、苺のやさしい甘酸っぱさを2層のガナッシュに。

春の素材の持つ力が交差する瞬間を楽しめる1粒。

 

■2:「神の木〜クロモジ〜」


出典:パティシエ エス コヤマ

神の木と呼ばれる“クロモジ”の樹木が持つ高貴な香りを宿したショコラ。小山氏が「いつかはショコラにしたい」と思い続けた香りを、“新月切り”(冬の新月の時期に伐採した木)の枝と葉を生クリームの中で煮出し、木が持つオイルも入れ込むことで実現しました。

 

■3: 「YUZU〜エスペレットピマンの刺激と共に〜」


出典:パティシエ エス コヤマ

柚子の華やかな香りが印象的なプラリネ。柚子の香りと酸味に、スパイシーなエスペレットピマンが後からじわり。

ラストはプラリネアマンドのふくよかな味わいに優しく包まれます。

 

■4: 「サンマルティン〜終わりなきカカオ探求の旅〜」


出典:パティシエ エス コヤマ

ペルー・サンマルティンのカカオは、クランベリーのような香りにやや柔らかいマンゴーやアプリコットを思わせるフルーティーな味と、ややナッティな分厚いカカオの余韻が特徴。

“カカオ探究の旅はずっと続いていく”という想いを込めて、最も力強いパワーを秘めたこのサン・マルティンを最終章に。

刺激の強いエスペレットピマンの後に、このショコラを含むと一瞬で口の中の印象が変わります!

 

今回ご紹介したのはほんの一部。まだまだ沢山の新作チョコレートが11月2日(木)から、『エスコヤマ』のショコラトリー『Rozilla』およびオンラインショップで順次発売予定です。この機会に、ぜひお気に入りの1粒を見つけてみてはいかがでしょうか?


出典:パティシエ エス コヤマ

・小山 進氏プロフィール

1964年京都生まれ。2003年兵庫県三田市に『パティシエ エス コヤマ』をオープン。

フランスの最も権威のあるショコラ愛好会『C.C.C.』のコンクールでは、2011年の初出品以来6年連続で最高位を獲得。

現在までに数多くの賞を受賞しており、世界的なショコラティエとして活動の幅をますます広げている。

【参考】

※ パティシエ エス コヤマ