1981年11月17日、G.A光永パンテーラが記録した日本初の300km/hオーバー、307.69km/hから苦節2年。ようやく出た〜! 国産車初の300km/hオーバー、301.25km/hを記録した大チューニングメーカー・HKSのM300。今回のその2では、この輝かしいSPLマシンの中身を見てみましょう。これでもか〜!の技術と裏技!?が盛り込まれたM300とは、いったいどんなマシンだったのか?  さっそくドーゾ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

驚異の超ド級マシン メカニズム解説
600psのハイパワー、空力、サス、トータルチューニングが新たなる地平を拓いた!

光永パンテーラが300km/hオーバーを実現して以来、第2の300km/hマシンはどんなクルマが、どんなチューニングで、そしてどこのチューニングメーカーが達成するか興味深く見守ってきたが、ついにHKSがXXの5M-GEUエンジンを使って300km/hオーバーを達成した。

パワーは約600ps。外観が示すようにスーパーシルエットマシンとほぼ同等の出力を得ている。5M-GEUを使ってどんなチューニングをすれば600psのパワーが得られ、300km/hオーバーカーになるのか?

【パワー】600psの大パワーは5M+ツインターボ

5M-GEUをベースにツインターボ化。意外にもノーマルパーツが多用されているのに驚かされる。まず、シリンダーヘッド。ノーマルの加工で燃焼室形状の変更はなく、容量を合わせた程度。各ポートは研磨され鏡面仕上げになっている。

5Mがメカチューンしにくい理由のひとつに、動弁系を含むヘッド回りの難問があった。つまり、オイルリフターを配したラッシュアジャスター式カムシャフトである。HKSでは許容範囲を7000rpmと予想しているが、あまりに不安が残されるため、このシステムを取り除き、従来のツインカム(トヨタ製)と同じようにシム調整式のメカニカルとしてしまったのだ。これで大きく高回転側へチューニングは飛躍する。

カムシャフトはそのため300度の作用角を持つものが使用された。またバルブ、バルブスプリングもHKS製のSPL仕様となっている。

ブロック側は、HKS製のピストンを使用し2mmオーバーサイズの2892cc。5M-G用としては珍しいオーバーサイズのもの。形状はほぼノーマルと等しいがターボ用のローコンプ、アルミ鍛造。コンロッドもノーマル加工で560gのスタティックバランスが取られている。仕上げはメッキされたような研磨とタフトライドである。

クランクシャフトはノーマルの加工品で、フルカウンターによるダイナミックバランスと各ジャーナル研磨、タフト加工をし、極力フリクションロスを防いでいる。

注目はキャブレーション。このユニットにはインジェクションでなくノーマルアスピレーションのソレックス44φが使用されていることだ。というのは次期HKS新製品は5M-GEU用キャブキットを発売するからで、このマシンはその製品性能テスト用であったのだ。

このキャブだが、ジェット類はノーマル。ただしアウターベンチュリーのみ拡大されている。このノーマルアスピレーション化によってデスビをカムの後ろ側、バルクヘッド側に移動する苦労も見られた。

ターボチャージャーはギャレット製T04Bをツイン装着+オイルクーラー。このタービンに1.2kg/cm2の圧をかけ600psの高出力を得ているわけだ。小型のインペラーが使用されているのも特徴だが、元々高回転用のT04Bだから低速域は犠牲になってしまう。そのためのツインでもあるが、排気系に苦労がある。特にステンレス製タコ足は長めに取り回しされトルクを稼いでいる。

【空力ボディ】FISCOのテストランでセッティング

パワーばかりを追求しても300km/hをオーバーするのは容易ではない。それは何故か。空気の壁が予想よりはるかに厚いからだ。空気抵抗を小さくしない限り、300km/hを超えられないのだ。

HKSセリカの特徴はフロントとリヤスポイラー。地面に向かって大きく張り出たフロントスポイラーはFRP製。これにリップ部を設けて空気抵抗減を狙っている。リヤは大型のウイングが装着されている。かつて使用したウイングよりは小型だが、それでも大きい。これはFISCOでのテストによって装着に踏み切ったということだ。これらの空力パーツによって直進安定性と共に空気抵抗を減らしているのだ。更に大幅に軽量化してあるため、リヤのトラクション不足も招いてしまい、ガソリンタンクの前に40kgのバランスウェイトを積んでいることも見逃せない。

【サス・タイヤ】リヤタイヤはレーシングスリックを採用

5M-GEUのツインターボ(インジェクション仕様)のときはコニのダンパーを使用していたが、今回はモンロー製に変更されている。前後とも低圧のガスショックである。コイルスプリングは、このマシン専用に巻いたスペシャル。タイヤはレーシングスリックが使われた。前後ともポルシェ956などのグループCカーが使用しているものと同じであったが、バンク内でフロントタイヤが当たってしまうため、市販用のBFグッドリッチに交換。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが、社運を賭けたがごとくスペシャルな仕様が各部に施されたHKS・M300! これが、光永パンテーラに続き300km/hオーバーを記録した国産車初300km/hオーバーマシンなのです。さて次回は、この日同時にテストされた雨宮RX7・12Aツインターボ(SA)と、トラスト・セリカXXツインターボ&トリプルターボをチェックだ!

【OPTION 1984年3月号より】

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

【関連記事】

ついに出た! 国産車初の300km/hオーバーはHKSセリカXX「M300」だった! その1【OPTION 1984年3月号より】

最高速で日本初のオーバー300km/h! 最強伝説となった深紅のパンテーラ【OPTION 1982年2月号より】

国産車初の300km/hオーバーマシン、HKSセリカXX「M300」のメカニズムをチェック! その2【OPTION 1984年3月号より】(http://clicccar.com/2017/11/24/533109/)