マーク・ウェブ監督が語る、感動作『gifted/ギフテッド』に挑んだ理由 「シンプルな映画を作りたかった」

写真拡大

 『(500)日のサマー』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのマーク・ウェブ監督最新作『gifted/ギフテッド』が現在公開中だ。本作では、フロリダに暮らす、7歳の生意気ざかりのメアリーと、彼女の叔父フランクの楽しい日々が、生まれながらにして数学の天才的な才能を持つメアリーが学校へ行くことによって、揺らぎ始める模様が描かれる。

参考:沈みゆく夕日を背景にフランクとメアリーが家族の絆を再確認 『gifted/ギフテッド』本編映像

 今回リアルサウンド映画部では、プロモーションのために来日したウェブ監督にインタビューを行った。本作を撮ることになった背景から、クリス・エヴァンスとマッケナ・グレイスのキャスティングや映画における音楽の役割について、さらには『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『(500)日のサマー』の話まで、じっくりと語ってもらった。

ーー『アメイジング・スパイダーマン』シリーズが事実上の打ち切りという残念なかたちで終わってしまいましたが、今回の作品にはその影響が反映されているようにも感じました。

マーク・ウェブ(以下、ウェブ):正直に言って、『アメイジング・スパイダーマン2』を撮ってから、いろいろな意味でものすごく疲れ果ててしまったんだ。一方で、そこで立ち止まることは絶対にしたくなかった。とにかく映画を作り続けたいと思ったんだ。ただ、シンプルな映画を作りたかった。『(500)日のサマー』もスプリットスクリーンを使ったり、ダンスシークエンスを挿入したりと、テクニック的には複雑だったからね。

ーーシンプルな映画を作るということは、より監督の演出力が求められる部分もありますね。

ウェブ:そこで重要になってくるのが“演技”なんだ。思い返せばこの脚本を読んだときに、7歳の少女メアリーがちゃんとしていなければ、この映画は成り立たないと思った。僕たちが求めるような演技をできる女の子を見つけることは非常に大変だけど、それができれば観客がメアリーに共感を持ってくれて、感動してくれるだろうと考えたんだ。キャスティングがもっとも大きなチャレンジだったと言えるね。

ーーメアリーを演じたマッケナ・グレイスの演技は本当に素晴らしかったです。どのようにしてメアリー役が彼女に決まったのでしょうか?

ウェブ:オーディションで800人から1000人ほどの中から彼女にたどり着いたんだ。マッケナはユーモアのセンスがあって、即興もできて、プロ意識も持っていて、感情表現もとても豊か。そんな存在は彼女以外ほとんどいなかったね。最終的には5人ぐらいに絞って、それぞれクリス(・エヴァンス)と演技をやってもらったんだけど、そこでもマッケナの才能が光っていたんだ。メアリーは大人の真似をしたがるし、フランクの言うことをオウム返しのように真似るところもある。マッケナはそういった部分に関しても非常にうまかったし、初めてクリスと2人で演技をしてもらったときに、クリスとマッケナが同じようなユーモアのセンスを持っていることに気づいたんだ。マッケナはまだ子供なのに、とにかくユーモアのセンスがずば抜けていた。正直、彼女なしではこの映画は成立しなかっただろうね。

ーークリス・エヴァンスはどうしてもキャプテン・アメリカの印象が強いですが、今回は難しい役柄を見事に演じきっていました。

ウェブ:たとえ強さがあってカリスマ性を持っていても、今回のフランクのようなシンプルでどこにでもいそうな男の役を演じることを受け入れてくれるアメリカの俳優はなかなかいないんだ。キャラクターになにか大きな特徴がある役をやりたがる役者は多いんだけど、フランクにはそのような頼るべき特徴がほとんどない。しかもそういった役を演じられるような演技力を備えていなければいけないわけだからね。クリスは、このどこにでもいそうだけど、魅力的で心惹かれるようなフランクを見事に演じきってくれた。キャプテン・アメリカもただの明るいヒーローではなくて、苦労して辛い目にあって、それに耐えてきたというバックグラウンドがあるわけだから、そこで培ってきたものも大きかったんじゃないかな。

ーーミュージックビデオの監督としてキャリアをスタートさせたということもあり、あなたの作品と音楽との関わりは非常に深いように感じます。今回はキャット・スティーヴンスの「The Wind」の使い方が印象的でした。

ウェブ:今回は物語の舞台である、アメリカ最南端のフロリダの雰囲気を彷彿とさせる音楽を使いたかったんだ。『(500)日のサマー』はロサンゼルスが舞台だったから、ポップミュージックやインディーロックの趣が強かったけど、今回はフロリダのバーに入ったら流れているような音楽が念頭にあったから、クラシックなロックミュージックがメインになっている。キャット・スティーヴンスの曲は最近いろいろな作品で使われているから、「またキャット・スティーヴンスか」と思われるかもしれないと思ったんだけど、メアリーがこの曲を聞いたらきっと気にいるだろうと思ったんだ。キャット・スティーヴンスのことを知らないようなメアリーと同じ年代の子供たちが観ても、「この曲、いい曲だね」と思ってくれるだろうともね。とにかく今回はクールな映画にするつもりは一切なくて、ウォーム(暖かい)な映画にしたかったから、音楽もその考えをベース選んでいったよ。

ーー今回の配給は『(500)日のサマー』と同じFOXサーチライト・ピクチャーズ配給ということで、原点に立ち返るという気持ちもあったのでしょうか?

ウェブ:というよりも、自由に仕事をしたいという気持ちが強かった。『(500)日のサマー』は、周りのスタッフのほうが遥かにベテランで、現場でもっとも経験が少なかったのが僕だったから、ものすごくプレッシャーを感じていたんだ。僕にとってデビュー作だったし、撮影もロサンゼルスだったから、FOXサーチライトの重役たちに何かを言われることもあって、夜も眠れないことが多かった(笑)。一方で今回の作品は、セットを一切作らずオールロケーションで、僕たちだけで撮影をしたんだ。現場にも歩いて行くような感じだったね。誰にも監視されていないという気持ちが強くて、それが非常に心地よかったんだ。仲間だけでひとつの作品を作るという連帯感があって、その連帯感がいい意味で映画にも作用されていると思う。心に余裕を持って作ることができたし、自分がいかに映画を愛しているかを再認識することができたよ。

ーー今後、ビッグバジェット作品をやらないというわけではないですよね?

ウェブ:もちろん将来的にはまた大作を作りたいとは思っているよ。たまに今回のような作品を撮れたりもするけど、いまは大作かテレビが主流になっているからね。ただ、リメイクはもう避けたいかな(笑)。もっと物語を入念に選んで、自分のベストが尽くせる作品を作っていきたいね。(取材・文=宮川翔)