男性は仲の良い女友達にも、ふとしたときに“女”を感じることがあるものです。


出典:https://www.shutterstock.com

もしも男友達に恋心を抱いてしまったのなら、さりげなく“女であること”を意識させるのが大切かもしれません。

今回は、男が“女友達に異性を感じる瞬間”を紹介します。

 

■「色気」を感じたとき

女性らしい色気を感じたときは、いくら女友達であっても男性はドキッとしてしまうでしょう。ふとした瞬間に胸元や太ももがチラッと見えたりしたら、“女”を感じずにはいられないかもしれません。

とはいえ、いつも露出が多い格好ばかりをしていると、男性には引かれてしまうでしょうし、遊び相手として見られてしまう可能性もあります。“ほどよく露出のある格好をたまに見せてあげる”と、男性も思わずあなたのことを意識してしまうかも。

 

■「体の距離」が近づいたとき

友達であれば、会話をしているときや一緒にいるときなどに、何気なく体の距離が近づくこともあるでしょう。そんなとき、男性は何食わぬ顔をしながらも、内心はかなりドキドキしているものです。

さらにそのとき、軽くボディタッチをされたり、ほのかなシャンプーの香りを感じたりしたら、ドキドキ度合いもさらに高まるはず。男性が“女”を感じる大きな要因になるかもしれません。

 

■「女性らしいギャップ」を目にしたとき

女友達の“女性らしい一面”を見たときは、「やっぱり女子なんだなぁ」と実感することでしょう。また、それが普段とのギャップが大きければ大きいほど、かなり印象深くなるはず。

実は料理が上手だったり、裁縫が得意だったりなど、家庭的な一面が見られると、男性としては嬉しいギャップになります。また、普段はカジュアルな格好が多い女性が、たまにフェミニンな服装やメイクをするのも、男性をドキッとさせるギャップになるようです。

 

■「自分への好意」を感じたとき

女友達として接している相手でも、「もしかして俺のこと好きなの?」と感じることが多いと、男性も急に異性として意識しはじめるようになるかもしれません。

「なかなか友達以上の関係になれない……」と悩んでいるのであれば、まずはあなたの方から好意を示すのもアリ。好意を感じてあなたの存在を意識しはじめたら、男性の中で恋愛スイッチが入る可能性も出てくるでしょう。

 

男友達と恋人関係になりたいのなら、それとなく“男心を揺さぶるような行動”を取ってみるとよいかもしれません。“女”を感じさせることができれば、男性のあなたへの意識もかなり変わってくるでしょう。

【画像】

※ Anatoliy Cherkas/shutterstock