2日目をパー発進とした鈴木愛(撮影:村上航)

写真拡大

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇24日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が23日(木)より開幕。賞金女王争いの渦中の選手たちが上位につける中、現在賞金ランク1位の鈴木愛が第2ラウンドをスタートした。
いよいよ最終戦!女子プロたちの熱き戦いはリアルタイムフォトで!
この日を1アンダー7位タイからスタートする鈴木愛は、1番(パー4)のティショットをフェアウェイキープ。2打目をピン手前5メートルにつけるも、バーディパットを決められずパー発進とした。鈴木と同組で2日目を競うキム・ヘリム(韓国)はチップインバーディを決めてスタート。同ランク2位のキム・ハヌル(韓国)は10時36分よりティオフする。
初日を4アンダー単独首位で終えたテレサ・ルー(台湾)は10時52分から、賞金ランク3位で鈴木と並んで1アンダー7位タイからスタートするイ・ミニョン(韓国)は、鈴木の1組後の10時28分よりラウンドを開始している。
【注目組のスタート時間】
10時28分:イ・ミニョン、川岸史果
10時36分:キム・ハヌル、申ジエ
10時44分:O・サタヤ、笠りつ子
10時52分:穴井詩、テレサ・ルー
<ゴルフ情報ALBA.Net>

キム・ハヌル 鈴木愛との直接対決制すも後半失速に「とても残念」
勝負カラーでゲン担ぎ 女王狙う鈴木愛が“大事”な初日で納得の7位
女王争いの4人が揃って上位発進 イ・ミニョン「初日としてはOK」
いよいよ最終戦!すべてを出し切る試合にします!【キム・ハヌルコラム第81回】
イ・ボミとのリラックス2ショットも!キム・ハヌルのフォトギャラリー