千海成次官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は24日、同部の千海成(チョン・へソン)次官が26日から6日間、米国を訪問し、ジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表と北朝鮮核問題への対応などについて議論すると明らかにした。

 千氏は民主党のエドワード・マーキー上院議員(マサチューセッツ州)らとも会談し、韓国政府の朝鮮半島政策について説明するとともに協力を要請する方針だ。アトランティック・カウンシルなど米シンクタンクの朝鮮半島問題専門家らとも面会する。