パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている丸山真琴さん(仮名・25歳)にお話を伺いました。襟のついた白シャツを上から二番目まで開け、ベージュのカーディガンを羽織り、明るめの色味の茶色いパンツを合わせていました。黒くて長い髪を後ろにひとつにまとめ、べっこうフレームの眼鏡をかけた姿からは、誠実そうな印象を受けます。現在の派遣先が、服装の規定が「オフィスカジュアル」のため、ジーンズやスニーカーというようなアイテムを着ることができないそう。

「普段はもっとラフな格好なんですけどね。今は、仕事用に買ったファストファッションの店のシャツを着まわしています」

現在は派遣社員として、不動産業を扱う企業で販促物やweb用画像の加工を行なっています。彼女は自分のことを、OLではなくデザイナーだと言います。

「本当は、フリーランスでデザイナーをやりたかったんです。だけど新規のクライアントを開拓できなくて、派遣で働いています」

フリーランスになるのを躊躇したのには、理由がありました。

「持っているパソコンに、デザインのソフトがほとんど入っていないんです。前の会社を辞めた時に、フリーになるなら揃えようって思ったのですが、すごく高くて諦めました」

現在は、実家がある立川市内で派遣として働いています。大学も、実家から自転車で通いました。派遣は交通費が出ないので、現在も自転車通勤を続けています。

「立川って駅前はデパートに映画館になんでも揃っているのですが、実家はそこからバスで30分くらいかかる場所なんですよ。都心への通勤って考えると、電車も混むし意外と不便ですよ」

彼女は東京都立川市出身。会社員の父と、パートで総菜屋で働いている母、5歳上の兄の4人家族で育ちました。生まれ育った実家は、狭い団地。5歳上の兄は高校卒業を機に出ていきましたが、真琴さんはまだ実家を出られる見通しが立てられないでいます。

「実は、親に無理を言って、美術系の大学を受験させてもらったんです。その時に借りた奨学金の返済があるので、いやでも派遣で働いている感じです」

中高の時は、“絵を描いていれば幸せだった”という真琴さん。高校は公立の普通科に進学しましたが、部活動で美術部に所属します。

「高校時代は特に目立つような生徒ではなかったのですが、ポスターやチラシなど絵を描く必要があると、周りから頼まれるようになったんですよ。それがきっかけで、普通の大学よりも興味を持ち始めました」

親に美大進学を相談したところ、良い顔をされなかったために積極的には、「進学したい」とは言いづらかったのです。

「当時は、美大に行こうとか本格的には考えていなくて。でも、文化祭の時に描いた絵がちょっとした賞に入賞したんです。もしかしたら、絵で食べていけるかもってその時、思いました」

美大に進学し、周りの実力の高さに自信を喪失……

通っていた高校は、偏差値でいうと中堅レベルの県立。周りに美大進学を希望する生徒はいなかったので、自分は特別だと感じていました。

「実家が裕福な方ではなかったので、浪人は許されなかったんですよ。希望の学部というよりも、どこでもいいから受かってという気持ちの方が大きくて。入学してからの専攻とかまでよく考えていなかったんです。しかも入学してみたら、自分よりも上手い人や、才能に恵まれた人にいっぱい出会うし。もしかしたら、自分は普通の大学以上、美大未満くらいの実力だったのかもしれないです」

美大時代の同級生の中には、就職をせずにクリエーター活動を続けている人も多いと言います。しかし、真琴さんは就活をして、会社に勤めることを選びました。

「大学で学ぶデザインと、企業が求めるデザイナーって本当は別々なんですよ。本気でデザイナーになりたかったら、専門に行けばよかったなって後悔しました」

大学3年生ごろから、デザイナーという職業を意識するようになります。

「大手企業のデザイナーになりたかったんです。お菓子とか、文具とか、日用品をデザイン出来たらかっこいいじゃないですか。だから最初から、デザイナー職狙いで就活しました」

就活の最中は、親からの干渉がつらかったと言います。

「親からは教職か学芸員の資格を取って、公務員になって欲しいと言われていました。学芸員の資格も取ったので、採用試験なども受けてみたのですが、内定が貰えたのは時間給のパートの仕事だったんです。悩んだのですが、それは断りました」

結局、大手のメーカーや広告代理店の採用試験はすべて不採用になってしまいます。

「実力不足だったんでしょうね。なかには美大ではなくても、デザイナーで採用になっている人もいて。専門などでダブルスクールをして資格も取っていたみたいです」

学校の就職課に求人が来ていた、従業員数4人のデザイン会社に入社します。

「入社した企業は、普段は手取り足取り教えてもらえるような時間の余裕がなくて…。土曜日にも出勤して、ソフトの使い方を教わっていました。人手も予算も足りなくて、バイク便を出す費用がもったいないと言われて、赤入れが入った印刷物をクライアントに受け取りに行ったりもしていました」

パソコンを使った画像よりも、手描きの絵の方が得意と言います。

日付が変わるまで帰られない!就職先はブラック企業……〜その2〜に続きます。