綾野剛/「コウノドリ」第7話より(画像提供:TBS)

写真拡大

【コウノドリ/モデルプレス=11月24日】俳優の綾野剛主演ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜よる10時〜)の第7話が24日、放送される。

【動画をみる】松岡茉優のニューヘアが可愛い!涙の抱擁が感動的

◆産科医療の現場を描く「コウノドリ」


今作は、講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウ氏が描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期に同局でドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、続編の放送が決定。多くの感動と共感を生んだ作品の新シリーズとして、「生まれること、そして生きること」をテーマに描かれる。

前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じる。ほかにも、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といったキャストが続投。

◆第7話あらすじ



突然、倒れた小松(吉田羊)。

心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。

しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。

小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。

仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】