『わろてんか』第48話では、てん(葵わかな)が北村屋のご寮さんに

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第48話では、てん(葵わかな)が北村屋のご寮さんとして認められる。

参考:葵わかな、全ての困難を吹き飛ばす“笑い”への思いーー『わろてんか』第7週を振り返る

 第47話では、寄席の入場料を半額するというてん(葵わかな)の提案により、大きな勝負に打って出た風鳥亭。第48話では、風鳥亭を始めて一周年の記念興行が行われ、客席には儀兵衛(遠藤憲一)の遺影を抱えたしず(鈴木保奈美)ら藤岡家の面々がおり、万丈目(藤井隆)らの芸に心の底から笑う。これを機に啄子(鈴木京香)はてんを北村屋のご寮さんだと認め、藤吉(松坂桃李)との結婚についても言及する。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、兵藤大樹、藤井隆、内場勝則、高橋一生、鈴木保奈美、鈴木京香、竹下景子、遠藤憲一らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)