20日、英紙フィナンシャル・タイムズ(中国語電子版)によると、中国では世界各地に散らばった歴史的な文物を、富裕層が愛国心を理由に買い戻す動きが広がっている。資料写真。

写真拡大

2017年11月20日、英紙フィナンシャル・タイムズ(中国語電子版)によると、中国では世界各地に散らばった歴史的な文物を、富裕層が愛国心を理由に買い戻す動きが広がっている。

中国の収集家の間に最近、外国人が所有する数百年前の中国地図、書籍、文物などを買い戻す動きが広がっている。古美術商によると、習近平(シー・ジンピン)国家主席が中国の歴史、文化遺産の重要性に言及することが増え、収集家の関心も自国の文物に向き始めたとみられる。古美術商は「一部の中国の収集家は、歴史遺産が外国に略奪されたと考え、自国に取り戻したいようだ」と話す。

中国の収集家が歴史遺産を買い戻すのは、自らの利益が期待できることも理由の一つだ。競売大手クリスティーズは今年上半期、アジアの美術品合計約4億309万ポンド(約607億円)相当を売却した。前年の2倍にあたる量だ。香港でこのほど開かれた古書博覧会でも、17世紀にイエズス会関係者が書いた天文学に関する古書が出品され、75万ドル(約8400万円)の値を付けた。中国の皇帝が欧米よりも優れた科学技術を持っていたことが記されているという。

このほか、13世紀のフビライ・ハーンの統治期に使われた紙幣印刷の原板、14世紀に中国の銀行が発行した証券、17世紀の中国地図なども高値で取引されている。(翻訳・編集/大宮)