22日、韓国・朝鮮日報によると、情報技術(IT)や半導体など、韓国企業が強みを発揮していた分野で、中国企業が技術力を向上させて猛追している。資料写真。

写真拡大

2017年11月22日、韓国・朝鮮日報によると、情報技術(IT)や半導体など、韓国企業が強みを発揮していた分野で、中国企業が技術力を向上させて猛追している。環球時報(電子版)が伝えた。

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)の時価総額は20日、5000億ドル(約56兆円)を突破し、アジアでトップ、世界6位に躍り出た。韓国だけでなく、日本企業でさえかなわない勢いだ。テンセントの躍進は中国企業の例外ではない。中国のネット通販最大手、アリババ集団、検索最大手の百度(バイドゥ)などは競争力を急速に上げており、米国のシリコンバレーに匹敵する力を持ち始めた。

先進的な製造業でも、すでに中国は韓国を抜いている。今年第3四半期の世界のスマートフォン売上高は、半数近くが華為技術(ファーウェイ)、OPPO、小米、VIVOなどの中国製品だった。韓国のトップ2、サムスン電子とLG電子を合わせた額の2倍に達している。

半導体分野でも中国の躍進は目覚ましい。今後3年間で中国国内に半導体工場が15カ所建設される。韓国の3カ所、日本の4カ所をはるかにしのぐ。中国政府は半導体分野を支援するため、1000億ドル(約11兆2000億円)規模の基金を設立する計画だ。(翻訳・編集/大宮)