池田エライザ、古泉智浩原作『チェリーボーイズ』ヒロイン役に 「母性全開でお届けしています」

写真拡大

 2018年2月17日に公開される映画『チェリーボーイズ』のヒロインを池田エライザが演じることが決定。あわせて、全キャスト、主題歌情報、ポスタービジュアルが発表された。

参考:古泉智浩の童貞漫画『チェリーボーイズ』、林遣都×柳俊太郎×前野朋哉で映画化 脚本は松居大悟

 本作は、古泉智浩の同名コミックを実写映画化したもの。とある地方都市に住む、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端で、揃いも揃って25歳になっても童貞をこじらせているボンクラ3人組(国森信一、吉村達也、高杉誠)の脱童貞大作戦を描く。童貞3人組の主人公で通称クンニこと国森信一役を林遣都、通称ビーチクこと吉村達也役を柳俊太郎、通称カウパーこと高杉誠役を前野朋哉がそれぞれ演じる。『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟が脚本を手がけ、西海謙一郎監督が長編映画デビューを果たしている。

 ヒロイン役に決定した池田が演じるのは、童貞3人組のマドンナ的な存在にして、脱童貞大作戦のターゲットにされる釈笛子。下世話な噂が絶えない大胆キャラに扮し、過激シーンにも果敢に挑んでいるようだ。また、童貞3人組を目の敵にする不良・通称プーチンこと中出英雄役に石垣佑磨、プーチンの舎弟・清水役に岡山天音、強面な一匹狼の変わり者・通称ゴキこと五木誠一郎役にラッパーの般若が名を連ねた。さらに、山谷花純、松本メイ、岸明日香、馬場良馬、吹越満、立石涼子も出演する。

 主題歌は、斉藤和義と中村達也によるロックユニットMANNISH BOYSが2014年に発表した「GO! GO! Cherry Boy!」に決定した。

 公開されたポスタービジュアルには、“卒業したいだけなんです…。男3人、ズッコケ性春大作戦!?”というコピーとともに、覆面を脱ぎ捨てスカートの中を覗こうとする、林、柳、前野演じる童貞3人組の姿が捉えられている。

 ヒロイン役の池田と脚本の松居からはコメントも寄せられている。

【池田エイラザ コメント】悩める男子たちの青春の一ページに参加できて楽しかったです。母性全開でお届けしています。みんないたって真剣です。ぜひ最後まで、最後までお楽しみください。

【脚本・松居大悟 コメント】『チェリーボーイズ』は2009年から書いていた、僕にとって『アフロ田中』を撮る前の初めての映画の企画です。元々古泉智浩さんの漫画が好きで、中高男子校で女子が怖くて、自分は童貞を肯定することしか生きる道はなく、童貞作品を吐くほど描き続けていたところ、ディレクターの人に声かけてもらってこの企画は始まりました。その人もアイドルオタクで笑顔がブサイクでほんとどうしようもなくて、でも『チェリーボーイズ』への愛情はすごくて、何者でもない僕らは独房みたいな部屋でこの映画についての夢を描いて、あり得ないキャスティング案にゲラゲラ笑って、本を書いていました。そしてプロデューサーの原田さんが入って、もしかしたら動き出すのかと台本を煮詰めていた矢先、そのディレクターの人は連絡が取れなくなりどこかへいってしまい、この企画も止まってしまいました。僕の書いた『チェリーボーイズ』の台本だけを残して。あいつはほんとどうしようもない野郎です。そして去年、原田さんから連絡があり「チェリーボーイズをやりたい」と言っていただき、監督の西海さんももうほんと変態だったのですごく嬉しかったです。それで台本を読み直したのですが、あの頃の童貞丸出しの童貞にしか書けない息苦しさと美しさがあり、今の自分には書き直すことができない、と絶望しました。ここには今の自分が失ったものが全て詰まっている。そう告げるとそのままやりたいと言っていただき、体裁だけ整えて、西海さんに託しました。この映画が実現したこと、本当に嬉しいし、童貞丸出しのあの頃の自分に伝えてやりたいです。お前の狭い宇宙は、ちょっと時間かかるけど見えるんだよと! 男は生まれた時にはみな童貞で、でもいつかそれを失ってしまって、失ったことすら忘れてしまう。でも乙女心より複雑な童貞心は、今もこの世界のどこかでいつも輝いていて。きっとこの映画には童貞の、男の、グチャグチャで繊細でどうしようもない美しさが描かれている。それが感じられなければ、それは映画ではなくて、失ってしまった僕らの責任です。映画『チェリーボーイズ』、公開楽しみにしております!!

※柳俊太郎の「柳」は旧字体が正式表記

(リアルサウンド編集部)