木々が紅葉し、焚き火にはうってつけのシーズンが到来。重量1kg以下で、しかもA4ファイルよりも小さなサイズに折りたためる小型軽量の焚火台があると聞けば、思わず身を乗り出してしまうアウトドア愛好家は多いことだろう。

【詳細】他の写真はこちら



UCO(ユーコ)の『ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット』は、まさにそんなコンパクトサイズのポータブル焚火台。布製の収納ケース込みでも重量はわずか832g、収納時の寸法は27cm×18cm、厚さ3cmにまで小さくなるとされ、見事にA4ファイルの大きさを下回る。

普段使いのバックパックに入れてもかさばらないスマートさは、気軽に持ち出して焚火やちょっとしたバーベキューを楽しむのに最適だろう。



焚火台として展開するとサイズが24.1cm×17.8cm、高さ20.3cmになり、大人数で火を囲むのにはやや手狭であるものの、ソロでのキャンプや2〜3人での集まりなら十分なサイズ。思い思いの調理器具や食材を持ち寄って、肩ひじ張らずに楽しみたい。

網用ハンドルと収納ケースが付属して、価格は5400円(税別)。屋外バーベキューやキャンプをこれから始めたい初心者でも手に取りやすい魅力的な価格設定だ。周辺の環境や火の始末には十分に気をつけつつ、揺らぐ炎を眺めて秋の夜長を過ごすというのも、なんとも乙なものだったりするのであった。

関連サイト



ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット(モチヅキ)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)