三浦皇成「お米を食べたいとは思わない」徹底した自己管理とは『キシュメシ!』

写真拡大

JRAの三浦皇成騎手が、11月24日(金)20時54分から放送されるミニ番組『キシュメシ!』(読売テレビ、関西ローカル)に出演。自身の食生活について紹介する。

同番組では、数あるプロスポーツ選手の中でも特に徹底した体重管理が求められる、競馬の騎手に密着。体力勝負のアスリートで、決して無理なダイエットはしていないはずなのに、彼らの体型は、ガリガリどころか、女子が大好きな「細マッチョ系」。一体、騎手はどんな食生活をしているのか? “騎手+飯=『キシュメシ!』”と題し、毎週イケメン騎手が普段食べている「キシュメシ」を紹介。現役モデルのナビゲーターたちが、その裏側を掘り下げ、放送後には公式サイトで深追い動画が公開される。2016年11月、2017年4月に4回ずつ放送され、第3弾が現在放送中。

最終回となる今回は、デビュー1年目に武豊騎手の持っていた新人年間最多勝記録を塗り替える快挙を成し遂げ、来年でデビュー10年を迎える三浦騎手。三浦騎手は“鶏肉のビール煮”を「キシュメシ」に挙げ、「小さい頃から鶏肉料理が好きで、その中でも妻が作ってくれる“鶏肉のビール煮”が一番好きです。ビールで煮ることで肉が柔らかくなっているし、味に深みが出るところが特にいいですね!」とコメント。また、5歳の頃から騎手を目指していたため、身体づくりのため母親が鶏肉料理をよく作ってくれたというエピソードも紹介する。

ジョッキーにとって大切な体重管理について、三浦騎手は「仕事の一つです」と言い切るほど、大事なことだと考えているそう。炭水化物を控えているため、たとえご飯に合いそうな料理を目の前にしたとしても「小さい頃からあまりお米を食べないようにしているので、(騎手になった今でも)お米を食べたいとは思わない」と、自己管理を徹底したプロとしての姿勢を垣間見せる一幕も。そして、最後には「来年でデビュー10年になりますので、G汽譟璽垢鮠,討襪茲Δ亡萃イ辰討いたい!」と抱負を語った。

この日のナビゲーターを務めた水野佐彩は「騎手の方はみなさん、スタイルが良く、以前から気になっていました。三浦騎手は、子どもの頃から騎手を目指して食事に気を付け、騎手となった今でも体重管理を徹底し、活躍されているのは流石だと思いました。また、三浦騎手は気さくで、緊張することなく、楽しくお話しさせていただきました。ありがとうございました」と振り返った。