メルセデスの本格オフローダー『Gクラス』(ゲレンデヴァーゲン)のハイエンドモデル、『AMG G63』次世代型の最新開発車両をスクープしました。カモフラージュにも変化が見られ、一部に生産型パーツを装着していると思われます。

変化があったのはメッシュが被されたフロントグリル。これまでダミーがはめられていましたが、擬装の奥にAMG最強の証「パナメリカーナグリル」が装着されているのが確認できます。さらにフロントバンパーエアダクト部分の奥には2本のフィンのようなものが、ヘッドライト中央にはLEDランプが見えます。

次世代型では、新プラットフォームにより現行モデル比で約200kgの軽量化が図られるとともに、4インチ(約10センチ)ボディがワイドになると噂されています。伝統のボクシーなシルエットこそキープコンセプトだが、その実態は大きな進化を遂げそうです。

パワートレインは、5.5リットルに代わり新開発の4リットルV型8気筒ツインターボを搭載、最高出力は600psと予想されています。ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

やはり「あのグリル」を装着。メルセデス・ベンツ AMG G63次世代型、最新プロトタイプをキャッチ(http://clicccar.com/2017/11/24/534043/)