写真はイメージです

写真拡大

総務省が行っている国勢調査によれば、夫が65歳以上の夫婦における離婚数は平成25年で6937件。お互いに仕事に打ち込んでいるときは気にならなかったことが、定年後に顔を合わせる時間が増えることで表面化した、という話を聞くことも多い。しかし、一緒に過ごす時間が増えるからこそ、その時間を有効活用して夫婦仲を深めることもできるはずだ。今回は、実際に定年を迎えてからも夫婦仲良く過ごしているという60代の男性や定年後に備えて工夫していることがあるという40代〜60代前半の男女の声を集め、定年後の夫婦のあり方を考えた。(取材・文/岡本実希、編集協力/プレスラボ)

65歳以上の離婚率は6.1%
定年後も夫婦仲良く過ごすためには

 夫が65歳以上の夫婦における離婚数は6937件(平成25年)。実に、離婚する夫婦のうちの6.1%は夫の定年退職後に離婚をしていることが分かる(総務省:国勢調査)。

 この数字を高いと見るか、低いと見るかは人によるだろうが、定年退職後は今まで1日の大半を費やしていた仕事がなくなり、夫婦の時間が圧倒的に増えることは間違いない。「定年後に夫がずっと家にいて、うっとうしい」という妻側のコメントを聞くのは今に始まった話ではない。

 とはいえ、一緒にいる時間が増えるからこそ、そのメリットを生かしながら夫婦で楽しむことができれば理想的なのは間違いない。今回は、定年後も夫婦仲良くするためのアイデアを60代男性から集めた。また、40代〜60代前半の男性が定年後に備えてしている工夫の声も集めたので、定年後に夫婦仲良くできるかどうか不安だという男性は、ぜひ参考にしてほしい。

「一緒に楽しむ」と「1人で楽しむ」
このバランスが夫婦円満の秘訣

 定年後の1番の変化といえば、やはり余暇の時間が多くなること。先輩夫婦は、この時間をどのように過ごしているのだろうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)