気の利いた品を心ゆくまで楽しめる『季彩や ひで』の魅力に迫る

神楽坂という場所で、やはり抑えておきたいのは美味しい和食を楽しめる場所。

しかし知りたいのはかしこまった割烹ではなく、雰囲気よくコスパもよい、ちょうどいい和食店ではないだろうか。

そんなときには今回紹介する『季彩や ひで』を訪れてみて欲しい。



神楽坂駅から徒歩数分で辿り付くにも関わらず、しっとりと落ち着いた雰囲気を纏い、訪れる人を温かく出迎えてくれる
神楽坂という街に足りなかった「大人の居酒屋」を目指して

神楽坂駅から徒歩数分。早稲田通りから一本裏路地に入って、すぐ見えてくる灯りが『季彩や ひで』である。

2014年12月に開業した同店を営むのは愛媛県宇和島出身の料理人・大西さんだ。彼がこの街に出店を決めたのは、神楽坂の雰囲気が大西さんの目指す「大人の居酒屋」を出店するのに最適だと考えたためだ。

確かに、「神楽坂で和食を」と考えるとどうしても高級料亭のイメージが強く、気軽に立ち寄れる場所は多くはない。肩肘張らず、美味しい和食を心ゆくまで味わいたい!そんな需要に応えてくれるのが『季彩や ひで』なのだ。



「お造り五点盛り」(3,500円)その日の仕入れ状況により内容は変化するが全て宇和島直送の鮮魚をたっぷり。この日はアジ、石鯛、宇和海の地ダコ、サワラのたたき、キビナゴの5品
宇和島直送の鮮魚が絶品!

地元である愛媛県宇和島の割烹料理店で研鑽してきた大西さん。その時に築いた人脈と目利きを活かし、鮮魚や米、野菜など、ひとつひとつの食材を厳選して仕入れている。

なかでも地元宇和島の魚屋から仕入れる鮮魚を使用した「お造り五点盛り」は、ぜひ味わっておきたい品のひとつ。この他にも、地元の食材を使用した料理が多く、都内にいながら愛媛の味を楽しめるのも嬉しい限りだ。



「猪の塩煮込み」(1,500円)猪の旨みだけを味わえるよう、余計な味付けはあまりせず、塩、酒、みりん少々を加えて2日間じっくりと煮込み、皮までとろとろに
2日間煮込まれた猪は、皮までトロトロで柔らかい!

最初の一杯と共にお造りを堪能したら、本日のおすすめが書かれたお品書きに目を通してみて欲しい。こちらには、宇和島産の食材を使用した珍しい料理がズラリと書かれている。

そこに「猪の塩煮込み」の文字を見つけたら幸運。オーダー必至だ。

こちらは、大西さん実家から直送される猪を使用。もちろん猪が狩れなければ届かないため、運が良ければ出会える逸品なのだ。丁寧な処理をしてから届くため、猪特有の獣臭さが一切無い。今まで猪はちょっと苦手だなと思っていた人にこそ食べて欲しい逸品である。



「へしこの薫製ポテトサラダ」(650円)
へしこを使ったポテサラは、箸が止まらなくなるほど美味

定番料理からおすすめしたいのは「へしこ薫製ポテトサラダ」。脂ののった鯖をぬか漬けにして作られる「へしこ」を使った面白い料理を考えたいという想いから誕生。

へしこの塩味が、2〜3時間薫製されたじゃがいもと絶妙なハーモニーを生み出し、ひと口食べたが最後、箸が止まらなくなってしまう。


たっぷり食べて、呑んでもコスパがいい店がいい!



「海老芋の土佐揚げ出し」(750円)。今が旬の海老芋を、鰹節を煎って粉状にしたものを衣にして揚げており、ほっくりと柔らかな海老芋の食感を引き立ててくれている
季節毎に表情を変えていく。旬の料理がとにかく絶品

定番料理も豊富な上、季節によって表情を変えていくお品書き。今回は、旬の料理からも「栗の唐揚げ」と「海老芋の土佐揚げ出し」をオーダー。



「栗の唐揚げ」(750円)宇和島産の栗を使用。栗を一度出汁で炊きあげて味をしみ込ませた後に揚げるため、ほっくりと柔らかく、深い味わいを楽しめる

他にも、唐揚げや照り焼き、たたきで味わえる「うつぼ」(1,400円)や、「丹波黒大豆の塩茹で」(650円)など、酒飲み心をくすぐる品が揃う。



カウンター席

神楽坂のグルメな紳士淑女に愛される『季彩や ひで』。真摯な姿勢で、食材に対して、最適の味付けを心がけている大西さん。



店内奥にはテーブル席も備える

彼が作り出す料理は、来る人の心までも温めてくれる愛情の詰まった品ばかり。

肩肘張らずに和食を楽しみたい夜は、『季彩や ひで』を訪れてみてはいかがだろう。