定時退社の事務員に変化!愛の告白の相手は…『ユニバーサル広告社』第6話

写真拡大

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の第6話が、11月24日に放送される。

同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。

本作の主人公・杉山利史(沢村)は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅裕司)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。

第6話では、商店街にある純喫茶「ジュルビアン」で商店街の総会が開かれていた。面倒なことに巻き込まれそうな予感がした杉山は避けて通るが、暇で会社を追い出された石井社長が足を踏み入れ、商店街活性化のコンサルタント契約を結んできてしまう。しかし、勝算はほとんどなく、手始めに杉山らは商店街のホームページを作り直すことにする。

そんな中、いつもは定時で帰る事務の猪熊(片瀬那奈)の心境にも引っ越しを機に変化が訪れ、「好きになってしまったみたい」と衝撃告白。その相手とは……。