内山信二

写真拡大

22日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの内山信二が、デブ業界の隠語“ショートケーキ”について解説した。

番組では「今夜は寝れ9」のコーナーで、J-CASTトレンドが21日に報じた、合コン用語がネット上で話題になっているという記事を紹介した。記事によると、カラテカ・入江慎也の著書の中にあったものだそうで、コンパ中にすぐ「うち来る?」と聞いてくる男子のことを「中山ひでちゃん」、ブスをお持ち帰りすることを「モンスターハンター」などと呼んでいるのだという。

この話題でコメントを求められた内山は「合コンは最近やらないですけど、僕らはねデブ業界の隠語ってのがある」「風呂のことをショートケーキって言ったりとか」と語り、ほかの出演者を驚かせた。

内山によると、ビジネスホテルなどにある小さなバスタブのことをショートケーキと呼ぶそうで、デブ仲間から「今日泊まるホテル、ショートケーキだから気をつけろ」というメールが届くのだとか。

内山が「(バスタブが)ショートケーキの形してるところあるじゃないですか」「だから『ハマらないように気をつけよう』とか」と隠語を使って情報交換をしているのだと明かすと、ほかの出演者は大いに納得していた。

【関連記事】
女優の突然の整形に内山信二が困惑…ロケとスタジオで顔が違うことも
内山信二が“デブタレ”を脅かした存在明かす「太ってるほうがおもしろい」
安藤なつが体重135キロでの悩みを明かす…ダイエット器具が体重制限で使用不可