EMPiRE、異例だらけのファンクラブイベントで初お披露目

写真拡大

EMPiREが11月23日(木)に六本木morphにて、ファンクラブ会員限定のお披露目ライヴを開催した。

◆ライブ画像

EMPiREは8月23日にZEPP TOKYOで開催されたBiSHのフリーライブ<TOKYO BiSH SHiNE3>にて覆面の衣装で登場し、フォロワーが1万人を超えなければ顔出しNGという条件と共に始動したWACKとエイベックスの共同プロジェクトとして誕生したグループ。パフォーマンス、歌声を未公開としベールを被り続けてきた彼女たちだが、その状態にも関わらず入会金3万円、150人限定としたファンクラブ「EMPiRE CORE」は受付開始から瞬く間に完枠。さらにその150名の中から追加年会費のオークションを実施し、入札額が高い順から5名を「ROYAL EMPiRE」として1年間任命し、EMPiREからの最高のおもてなしが受けられるアップグレードプランも話題となった。

そんな異例だらけのファンクラブ会員へ向けたおもてなしの始まりは、ROYAL EMPiREとメンバーのリムジンデート。ROYAL EMPiRE5名とメンバー5名がそれぞれ腕を組みながらリムジンへ乗り込み、会場近辺を一周。車内では誰にも邪魔されずメンバーたちとのコミュニケーションを取ったりゲームをして遊んだりと大はしゃぎだった様子。細かな内容は会員とメンバーのみしか分からず、想像だけが膨らむばかりである。そしていよいよファンクラブ全員が待つステージへ。

1曲目に披露された曲は「EMPiRE is COMiNG」。この曲は以前EMPiRE初音源としてマネージャー・渡辺淳之介による歌唱バージョンがフリーダウンロードで公開されており、本物が歌唱するバージョンの公開が待ち望まれていた曲だ。曲が終わるとステージ上に渡辺淳之介が登場。メンバーと共にグループの紹介、WACKアーティスト恒例となった「EMPiRE3か条」を発表。ファンの総称を「エージェント」とすること、写真撮影OK・動画撮影録音NG、リフト、ダイブ、サーフ等の危険行為はNGといった今後のライブ時のルールが宣言された。初めは声が震えているようにも聞こえたメンバーも徐々に緊張がほぐれ、お披露目前のSNSでは見ることのできなかった笑顔や表情が溢れる姿がとても印象的だった。

続いて2曲目はメンバー・MAYU EMPiRE作詞の「TOKYO MOONLiGHT」を披露。可愛らしい歌詞とは真逆に、激しい振り付けやでファンを釘付けにした。その後はメンバー1人1人によるMCを挟み、渡辺淳之介による「WACKとavexで全力で売っていきます!」という宣言の後、ラストには「これから進化していくEMPiRE」をテーマに、BiSHのアイナ・ジ・エンドが振り付けを担当した感動的な未発表曲「アカルイミライ」を披露し記念すべき初お披露目のステージは幕を閉じた。

<WACKのフェス。>2017年12月8日(金)Open17:30/Start18:30
会場:ZEPP DIVER CITY
出演:BiS/BiSH/GANG PARADE/EMPiRE and more
チケット料金:¥4,800(税込)
お問合せ
KM MUSIC 045-201-9999