タンパベイ時代の山田卓也【写真:Getty Images】

写真拡大

 JFLのFC今治は23日、元日本代表DF山田卓也が今シーズンをもって現役を引退することを発表した。

 2003〜04年にかけて日本代表でもプレーした山田卓也は、現在43歳。2015年7月に今治FCに加入すると、次のシーズンは奈良クラブでプレーして今年再びFC今治に戻っていた。

 山田はクラブの公式サイトで、「現役を引退することを決断致しました」と発表。「2017年シーズンは怪我に苦しみ、満足が出来るパフォーマンスは出来ませんでしたが、多くの方に支えられ最後まで希望を捨てずにチームに貢献出来るようチャレンジ出来たことに感謝しています。沢山の悔しい思いや、喜びの瞬間を味わうことが出来た21年間の選手生活でした」とつづっている。

 今後については、「今までの経験を生かせていけるよう、様々なことに挑戦、勉強をし、サッカー界はもちろん世の中の役に立てるように邁進していこうと思います」と述べた。

text by 編集部