23日、米タイム誌の恒例の「今年のベストガジェット」で、日本の製品が見事1位に選ばれた。資料写真。

写真拡大

2017年11月23日、今年を代表するガジェットと言えば米アップルの最新スマートフォン「iPhone X(テン)」を挙げる人も多いと思われる。だが米タイム誌の恒例の「今年のベストガジェット」では、そのiPhone Xを抑え、日本のあの製品が見事1位に選ばれた。

露通信社スプートニクの中国語ニュースサイトによると、1位に選ばれたのは任天堂のゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」だ。テレビにつないで遊べるほか、「Joy-Con」を本体にセットすれば、6.2インチの大きなディスプレイを持ち歩くこともでき、自由な場所でゲームを楽しむことができる。

2位はiPhone Xで、タイム誌は「高価で、Androidはすでにそれをやっている」とした上で「iPhone Xの端から端までの画面と顔認証システムは、携帯電話の新しい標準を確立するだろう」とした。

3位は米マイクロソフトのノートパソコン「Surface Laptop」、4位は中国DJIの小型ドローン「Spark」、5位は韓国サムスン電子のスマートフォン「Galaxy S8」だった。(翻訳・編集/柳川)