11月の欧州遠征ではブラジル、ベルギーに2連敗。力の差を見せつけられた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)が23日、最新のFIFAランキングを発表した。
 
 前回の44位から55位へと大きく順位を下げた日本は、来年のロシア・ワールドカップに出場する32か国中28位に。日本以下の4チームは、パナマ(56位)、韓国(59位)、サウジアラビア(63位)、開催国のロシア(65位)だった。
 
 また、日本はアジア勢として32位のイラン、39位のオーストラリアに続く3番手で、その他では韓国が59位、中国が60位につけている。
 
 ワールドカップ出場32か国のFIFAランキングは以下のとおり。
 
【FIFAランキング/11月23日発表】
1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ポルトガル
4位 アルゼンチン
5位 ベルギー
6位 スペイン
7位 ポーランド
8位 スイス
9位 フランス
…………………………
11位 ペルー
12位 デンマーク
13位 コロンビア
…………………………
15位 イングランド
16位 メキシコ
17位 クロアチア
18位 スウェーデン
…………………………
21位 ウルグアイ
22位 アイスランド
23位 セネガル
…………………………
26位 コスタリカ
27位 チュニジア
…………………………
31位 エジプト
32位 イラン
…………………………
37位 セルビア
…………………………
39位 オーストラリア
40位 モロッコ
…………………………
50位 ナイジェリア
…………………………
55位 日本
56位 パナマ
…………………………
59位 韓国
…………………………
63位 サウジアラビア
…………………………
65位 ロシア