エース・渡邉が逆転に導く2G1A! 北海道撃破の府中が7年ぶり駒沢屋内球技場でのゲームを制す《DUARIG Fリーグ》

写真拡大 (全2枚)

▽23日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でDUARIG Fリーグ2017/2018第26節の府中アスレティックFCvsエスポラーダ北海道が行われ、3-2で府中が勝利した。

(C)CWS Brains,LTD.
▽府中にとって7年ぶりとなった駒沢屋内球技場でのホームゲーム。しかし、試合は開始直後に北海道のFP宮原勇哉がゴールネットを揺らす。すぐさま攻勢を強める府中は11分、FP渡邉知晃のクロスをFP上福元俊哉が頭で合わせて試合を振り出しに戻す。それでも北海道は直後、FP高山剛寛がゴールを奪取して勝ち越しに成功する。迎えた後半、府中は24分にFP柴田祐輔のシュートがGKのブラインドになる位置にポジションをとっていたFP渡邉知晃に当たってボールはゴールに吸い込まれる。2-2のまま迎えた試合終盤、府中はカウンターからFP渡邉知晃がこの日2点目となる逆転ゴールを記録して試合終了。3-2で勝利した府中が連勝を飾り、7年ぶりの駒沢屋内球技場で白星を飾った。