タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

「ヒーローワールドチャレンジ」でついに競技復帰 デイも「最高の状態」を証言

 男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(米国)が11月30日から始まるバハマ開催の「ヒーローワールドチャレンジ」でついに競技に復帰する。腰痛などの持病から戦列復帰に向けて一歩ずつ前進していたが、同じメーカーからスポンサードを受ける“戦友”、世界ランク12位のジェイソン・デイ(オーストラリア)によれば、ウッズは「この3年間で今が最高の状態にある」と話しているという。米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」が報じた。

 ウッズは今年4月に自身4度目の手術を敢行。5月には睡眠障害の影響で治療を受けた影響から違反運転で逮捕されるなど、騒動になってしまったが、9月から練習を再開。ピッチングウェッジ、アイアン、ドライバーとしっかりと段階を踏み、飛距離も伸ばしている様子を自身のツイッターやインスタグラムで動画とともに報告してきた。

“復帰戦”を1週間後に控え、「ゴルフチャンネル」は「ウッズの調子は良好、長距離の打撃も」との見出しで特集。直近でウッズと会話したという同胞のデイのコメントを紹介している。

「彼はこの3年間で今が最高の状態にあると言っていた」

 デイの証言によれば、ウッズは故障などで戦線離脱を繰り返すようになった近年の中で、最もコンディションは良いという。“痛みのない”生活がいかに重要か、デイは同じゴルファーとして言葉を続けている。

「彼が真っ直ぐ長い飛距離の打撃を復活させたら、困難なことになるだろう」

「もう、痛みで目が覚めることがないらしい。それは大きいことだ。彼は生涯のベストプレーヤーの1人ではあるが、健康が最優先すべき事項の1つであることは当然だし、もしハッピーに生きていなければ、健康的な生活を過ごすのは難しいものだ。僕は目が覚めたら10分でベッドから起き上がることが可能だけど、彼はこの3年間、激痛を伴わなければならなかった。それは非常にイライラすることだ」

 そして記事では、デイがウッズの“完全復活”が間近に迫っていると分析している。

「今は彼のインスタグラムでの打撃を見たり、直接彼からショットについて聞いたりするけど、着実に準備が整い始めていて、希望が持てるものだと思う。彼から聞いたけど、今は長距離のショットも打っているそうだ。もし彼が真っ直ぐ長い飛距離の打撃を復活させたら、それは困難なことになるだろう。なぜなら彼はタイガー・ウッズだからだ。波に乗った時のパターは的確そのものだしね。面白いものが見られるかもしれない」

 全盛期のウッズの代名詞と言えば、“勝負服”の赤シャツと、低い弾道で飛距離を叩き出すスティンガー。10月下旬には、「スティンガーの帰還」とSNSにつづり、復活に自信を掴んでいることを伺わせていたが、すでに長距離のショットも打っているという。

 誰もが待ち望むウッズの復帰。センセーショナルな帰還を、ゴルフファンは望んでいることだろう。なぜなら、彼はタイガー・ウッズなのだから――。