軍事アナリストの西村金一氏

写真拡大

 2017年、国際社会は北朝鮮に振り回され続けている。「朝鮮半島有事」「米朝開戦」は現実のものになるのか否か。

 前回、前々回の記事では、元防衛省で軍事アナリストの西村金一氏の話をお伝えした。今回は、北朝鮮の特殊部隊や日本の防衛体制について聞いた。

●北朝鮮の暴発リスクが来春に高まる理由

 国際連合安全保障理事会や各国の経済制裁がジワジワと効いてくるのは、これから年末にかけてといわれる。「困窮した北朝鮮が年内に暴発する」という可能性はないのだろうか。

「収穫の時期は、だいたい秋ですよね。そのため、これからの時期は収穫した米や作物があるため、なんとか耐えられるのです。逆に、食料が足りなくなるのが夏。1990年代の飢饉のときも、人が多く亡くなったのは夏ぐらいまででした。

 そのため、もし北朝鮮が暴発するとしたら、4〜8月くらいが可能性が高いと思います。自前の食料がない、外からも入ってこない、というダブルパンチになって初めて経済制裁が効くわけです。

 これは石油ですが、旧ソ連は北朝鮮に50万tくらいタダであげていました。しかし、旧ソ連崩壊後のロシアはお金を払わないと渡さないようになった。中国も50万〜100万tくらいあげており、足りない分は買っています。それも中東から直接買うのではなく、ブラジルや東南アジアの国などを仲介して輸入しています。

 しかし、今は経済制裁でお金を稼ぐ手段が少なくなっています。来年の春にはまた米韓合同軍事演習が行われるので、北朝鮮も軍隊を動かさなくてはならない。そうすると、石油が必要になるし、兵士の食料も必要になる。北朝鮮が困る状況が生まれるわけで、そのため緊張状態が高まるのではないでしょうか」(西村氏)

●開戦前に2000人の特殊部隊が日本上陸か

 もし緊張状態が戦争にまで発展したら、どのような状況になるのだろうか。

「北朝鮮の海軍と空軍は兵器が古いので、一気に潰されるでしょう。ただ、地上軍の一部と特殊部隊は残ります。そして、これが非常にやっかいなのです。

 北朝鮮の軍事パレードで、顔を黒く塗り、黒いサングラス姿で行進しているのが特殊部隊です。戦争になってからでは送り込みにくいので、戦争が起きるかもしれないという状況で、北朝鮮は特殊部隊を送り込んでくることが予想されます。

 約10万人の特殊部隊のうち、7万〜8万人くらいは韓国に向かうでしょう。日本に来るのは2000〜5000人程度。小型潜水艦からアクアラングで潜入したり、貨物船から工作船に乗り移ったりして入ってくることが考えられます。

 また、ステルス性能のある『An-2』という輸送機があります。これは木と布でできているため、レーダーに映りにくい。しかし、燃料がそんなに積めないので1200kmくらいしか飛べません。韓国の南部まで行って戻ってくることはできますが、日本に来る場合は片道切符になってしまいます」(同)

 北朝鮮が事前に特殊部隊を送り込んでくる可能性もあるようだ。また、西村氏は「仮に2000人も入ってきたら、大変なことになります」と語る。

「1996年に韓国の江原道江陵市で、北朝鮮の特殊潜水艦が座礁して乗組員と工作員計26名が韓国内に逃亡したことがありました。その26名を追って、韓国軍はのべ6万人を投入したのです。逮捕1名、射殺13名、自決11名、行方不明1名という結果になりましたが、韓国側は軍人12名を含む17名が死亡という被害が出ています。

 それを考えれば、2000人も上陸されれば陸上自衛隊の総力をもって対応しなければ戦えないでしょう。特殊部隊は精強ですから、一般の自衛隊員ではかないません。第一空挺団などの特殊作戦部なら勝てると思いますが、そもそも上陸を発見すること自体はきわめて難しいです。私もレーダーを使って沿岸監視訓練をやったことがありますが、まず無理でしょう」(同)

●自衛隊基地や原発がテロの標的になる可能性も

 日本に上陸した北朝鮮の特殊部隊は、どんな行動に出るのだろうか。

「特殊部隊は、自動小銃、機関銃、1000mくらい先まで撃ち込める個人携行ミサイルを装備してくるでしょう。狙うのは、在日米軍や自衛隊の基地。あるいは、日本社会を混乱させるために原発や首都機能を狙ってくる可能性もあります。日本海から上陸して、関東山地を越えて東京に入り込むことも考えられます。1週間もあれば、移動できますから」(同)

 原発を狙うテロであれば、外部電源を切断して非常用発電機を破壊すれば、原発は冷却機能を失い暴走することになる。偽造パスポートで入国し、武器を用いずに実行するということもあり得るのではないだろうか。

「原発の非常用発電機はどこにあるかわからないようにしてあるので、狙うのであれば、少なくとも30人くらいで本格的に襲撃しないとできないでしょう。やはり、兵器と弾薬が必要です。偽造パスポートで空港から入ってくるとなると、小銃の1丁や2丁くらいなら分解して持ち込むことができるかもしれませんが、本格的な兵器は無理でしょう」(同)

 仮に北朝鮮の特殊部隊が入り込んできたときに、日本はどのような対応ができるのだろうか。

「当然、軍事パレードのときのようなわかりやすい格好で来るのではなく、民間人と同じ服装でしょう。あるいは、偽造した自衛隊の制服を着ているかもしれません。武器もわからないように携行しているでしょう。そのため、見た目では特殊部隊だとはわかりません。

 仮に一般市民が『なんかおかしな人たちがいる』と気づいて通報しても、警察官の拳銃ではかなうはずもなく、逆に殺害される可能性すらあります。しかし、その段階では自衛隊への防衛出動はかけられない。民間人が何百人も犠牲になって初めて『他国の軍隊の侵略だ』ということで、総理大臣が防衛出動をかけることになると思いますが、日本はその部分の危機管理がまったく議論されておらず、曖昧なままです」(同)

●中国、軍事力増強で尖閣諸島奪取や台湾侵攻も

 そして、仮に戦争状態になれば、北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込んでくる可能性も十分にある。

「日本に飛んでくるミサイルは高度400〜500kmくらいですから、現在の防衛システムでほぼ迎撃することができます。ただ、一気にたくさん撃ち込まれたら、すべて撃ち落とすのは無理でしょう。

 9月に北海道の襟裳岬の上空を飛んでいったミサイルは、高度750kmくらいなので迎撃できません。今回、ドナルド・トランプ大統領の売り込みで買うことになった『イージス・アショア』に、今年2月に実験に成功した迎撃ミサイル『SM3』の改良型を搭載すれば、迎撃範囲(高度)が1000km以上なので撃ち落とすことができます。

 しかし、日本に導入されるのは2023年ですから、18年に米朝間で衝突があれば間に合わない。アメリカ本土まで届くICBMの場合は、イージス・アショアでも撃ち落とせません」(同)

 有事の際に気になるのが、中国の出方だ。日本が非常時に陥ったとして、中国はどう動くのだろうか。

「南シナ海では、満潮になったら沈んでしまうような小さな岩にまで中国が乗り込んで人工島を建設して、領有権を主張するということをやっています。いずれも、フィリピンの国内が混乱していたり、ベトナムがカンボジアと紛争したりしているときを狙っているのです。

 日本が北朝鮮の対応に追われているときに中国が尖閣諸島を奪いにくる可能性は、十分にあるでしょう。アメリカは『尖閣が日米安保条約の適用対象となる』とは言ってはいるものの、北朝鮮問題で中国を頼りにせざるを得ない状況で、日米共同で防衛するような強い態度に出られるかどうか。

 今、中国の軍事力は著しく増強されていて、空軍は15年後くらいに日本の航空自衛隊の3倍ほどの規模になります。そうなれば、中国の台湾侵攻もあり得るくらいです」(同)

 危機に取り囲まれている日本。視野を広げて、あらゆる可能性を見据えた議論が必要だろう。
(文=深笛義也/ライター)