画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●新たに「英語」「プログラミング」講座をスタート

2020年度から実施される新学習指導要領で、学校のカリキュラムが大きく変化すると話題になっています。小学校では「英語教育の充実」と「プログラミング教育の必修化」が導入されるということで、子ども向けのプログラミング教室などの数が増えています。2020年というと少し先のような気がしますが、2018年度から移行措置期間が始まるので、そう遠い話ではありません。

今回、ジャストシステムの小中学生向け通信教育「スマイルゼミ」の発表会を取材してきました。新たに、新学習指導要領に対応したプログラミングと英語の学習講座が始まります。

ジャストシステムが2012年から運営しているスマイルゼミは、専用タブレット端末を使ったクラウド型オンライン通信教育です。タブレットの特性を生かし、教材を「触る・見る・聞く・話す」ことで、理解を深めます。解いた問題は自動で採点し、その場で解説を表示する仕組みで、「子どもが自分で学習に取り組む自立的な学習の習慣が身につく」ことをアピールしています。発表会では、「スマイルゼミ」の新学習指導要領対応に関する詳細が説明されました。

○ネイティブの英語発音を学ぶ

まず英語教育については、全学年に毎月、英語の教材を標準配信します。ネイティブの発音をふんだんに学べて、ゲーム性のある教材などで楽しみながら反復練習ができて、タブレットの特性を生かし、紙のように書いて学ぶこともできます。

このほか、オプション講座「英語プレミアム」では、英検2級取得までをねらう小中一貫カリキュラムを用意。読む・聞く・書く・話す、の4つの技能をさらに高めたい受講者に向けたコースです。

おもしろいのは、発音の講座です。画面上に先生が発音しているときの「口まわりの動画」を表示し、その横にカメラを使って自分の顔を表示させます。ちょうど、ビデオ通話をしているようなイメージです。そうすることで、自分が話す口の形と、先生が話す口の形を見比べることができます。

子どもの興味や習熟度にあわせて講座のレベルを変えられるので、本人のやる気にもつながりそうです。ヘッドセットなどを別に購入する必要がなく、タブレットだけで完結できるという点も、親としては導入しやすく、子どもとしては学習を始めやすそうだと感じました。また、一人で学習できる教材だからこそ、親としては子どもがちゃんと勉強したかどうか気になるところ。親宛てのメールなどで学習状況を知ることができるので、安心です。

「中学向けの英語配信を行っていますが、成績が良い生徒でも、発音と綴りが一致しないことがあります。新しい英語教材では、発音と文字の関係性を学ぶフォニックス学習を採り入れることで、読む・書くを強化します」(ジャストシステム 寺尾房代氏)

●コーディングよりもプログラミング的思考

○コーディングよりもプログラミング的思考を学ぶ

ジャストシステムの廣庭雅一氏は「プログラミング教育の誤解を解く必要がある」といいます。この誤解とは、コーディングを覚えることがプログラミング教育の目的であるという点です。

廣庭氏は、次のように続けます。

「1970年代は愛好家の時代。機械をいかに制御するかが重要でした。1980年代はファイル管理がポイントでした。1990年代から2000年代はOSとネットワークの時代、2010年代はクラウド上のデータをどう扱うかなど、データのハンドリングの時代です。今の子どもたちが大人になる2030年代は、どのような時代になっているのでしょうか。

大切なのは、その時代の情報技術を効果的に活用すること。時代を超えて普遍的に求められるのは、プログラミング的思考です。論理的に考える力の育成が、プログラミング必修化の本質といえます」(廣庭氏)

プログラミング的思考とは、「課題を解決するための手順を考える」「試行錯誤しながらより良い解決方法を探す」といった、ものごとを論理的に考えていく力です。

現在、子ども向けのプログラミング教室や教材が増えていますが、新学習指導要領において、学年ごとにどのようなプログラミング技術を教えるべきか、まだ明確な基準が定まっていないため、手探りの部分が大きいそうです。そして、「スマイルゼミ 小学生コース」の特長は2つあります。

○特長1 : タブレットを使って一人でプログラミングを学べる

スマイルゼミ 小学生コースのプログラミング講座は、チュートリアルと問題で構成されています。分からないときはヒントが表示されるため、一人でも自分のペースで学習を進められます。

○特長2 : プログラミング体験を通して教科の学びを深める

算数、理科、社会といった教科の学習内容に、プログラミングを組み合わせます。授業で習った内容を別の角度で考え、他の教科で学んだ知識を活用しながら学ぶので、より理解が深まります。

会場でプログラミング学習講座を試すことができました。自分が作った「めいれい」に従って、キャラクターが動き、とてもかわいい! また、歩くときや水を入れるときに効果音が出るのも、ゲームのようで楽しめます。配信される講座は、何度も繰り返し学べる内容とのことです。

スマイルゼミのプログラミング学習講座は、2018年3月に開講します。長期の休みにじっくり取り組めるよう、春・夏・冬に教材を配信するそうです。対象者は「スマイルゼミ 小学生コース」会員全員で、追加費用はナシ。ただし、プログラミングのみの受講はできません。

国語や算数は親が自宅で教えることもできますが、プログラミングは親自身が分からない場合も多く、自宅学習には向かないのではないかと思っていました。新しく教室に通うとなると、ほかの習い事との兼ね合いや費用が気になります。しかし、自宅でプログラミングを学べるなら、時間のやりくりもハードルが下がります。スマイルゼミの他教科と組み合わせた講座は、総合的な知識の習得にもつながりますね。子を持つ親としてもいろいろと考えさせられる話題でした。