【ソウル聯合ニュース】韓国政府が中国主導の経済圏構想「一帯一路」への参加について検討を進めている。外交部が明らかにした。

 同部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は23日の定例会見で、韓国政府が同構想への参加可否を決定したかとの質問に「政府は(一帯一路の)関連会議に代表団を派遣したことがある。関連内容については検討が進められている」と述べた。「一帯一路への参加を検討しているという意味か」と尋ねられ、「そうだ」と答えた。

 一帯一路は、中央アジアと欧州をつなぐ陸上ルート(一帯)と東南アジアと欧州、アフリカをつなぐ海上ルート(一路)を中心に、巨大な経済圏の構築を目指す構想。習近平政権が意欲的に推進している。

 韓国政府は5月に北京で開催された一帯一路に関する国際フォーラムに代表団を派遣した。