【心理テスト】映画『火花』のように売れない芸人だったら? 答えでわかる出世する方法

写真拡大

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの『火花』(文藝春秋)が、11月23日映画化! お笑いコンビ「スパークス」として活動するものの、一向に売れる気配のない徳永(菅田将暉)が、4歳年上の神谷(桐谷健太)と出会い、物語が始まります。果たして、徳永は芸人として売れることができるか。今回は、この映画にちなんだ心理テストを紹介します。

【質問】
 この映画の主人公のように、あなたはお笑い芸人。今のところまったく売れていません。どうする?

A:別の人と組む
B:芸風を変える
C:営業&オーディション強化
D:解散する

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

【診断できること】
「あなたの出世の仕方」
 お笑い芸人として売れるには、策略が必要です。あなたがどんな策略を練るのかから、どんな方法で今の職場で出世していきそうかがわかるのです。

■A:別の人と組む……コネを利用して出世
 別の人と組むのは、ある意味今の相方を裏切る行為。これを選んだあなたは、ちょっとズルい人。上司や社長など目上の人にこっそり根回しをして、気に入られて得をするタイプです。それほど実力はなくても、上の人が権力を握り出世していくのに合わせて、あなたのポジションも上がっていくでしょう。

■B:芸風を変える……新しい分野を開拓して出世
 芸風を変えるには、かなりの思い切りが必要です。これを選んだあなたは、ダメだと思ったら気持ちを切り替え、新しい分野を開拓するタイプ。努力と実績を積み上げることで出世していくでしょう。本当の実力をつけるには時間がかかるので出世は遅いかもしれませんが、着実にステップアップしていくでしょう。

■C:営業&オーディション強化……デキる人だと周囲へアピール
 営業やオーディションは、自分を売り込まなければなりません。これを選んだあなたは、自分を「デキる人」だとアピールするのがうまいタイプです。せっかく才能や魅力を持っていても、人に知ってもらわなければ宝の持ち腐れ。その点あなたは自己演出が得意なので、多くの人の注目を集め、それをきっかけに出世していくでしょう。

■D:解散する……ヒット商品を生み、いっきにスターダムへ
 解散するのは、これまでやってきたことをいったんゼロにする行為。これを選んだあなたは、ゼロからすごいアイデアを生むことができる人。いきなり大ヒット商品を生み出し、社内で注目される存在になりそうです。いっきにスターダムを駆け上り、地位と名誉を手にしていくのです。

 働いている人なら誰でも、成功したい、出世がしたいと思うもの。自分に合った方法で出世をし、望む未来を手に入れましょう。
(紅たき)※画像出典/shutterstock