MINIクーパーの高性能モデル『クーパーS』最新プロトタイプをキャッチしました。エクステリアの変更点は、ヘッドライト及びテールライトのグラフィックやホイールデザイン、ボディカラーの新色追加程度となりそうですが、「ボンネットの中」は大きな改良が加えられるようです。

ハイライトは、エキゾーストマニホールドとターボチャージャーをシリンダーヘッド部に一緒に収納する新ターボシステムの搭載、およびMINI初のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)の搭載。これらにより、高いエンジン熱効率、燃費向上、そして加速力が飛躍的に向上すると見られます。また冷却システムのアップデートにより、CO2排出量も削減されます。

パワートレインは2リットル直列4気筒ターボエンジンをアップデートし、最高出力は198ps程度へのパワーアップが期待できそうです。

室内では、タッチスクリーン・ナビゲーションシステムやムードライティングの導入、トリム類の見直しも行われます。ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーと思われます。

(APOLLO)

MINIクーパーS改良型、DCTや新ターボシステム搭載など「ボンネットの中」を大改良(http://clicccar.com/2017/11/23/534031/)